住宅リフォームの市場規模、2027年に1兆1054億8000万米ドル到達予測

住宅リフォームの市場規模は、2022年の8811億5000万米ドルからCAGR5.0%で成長し、2023年に9250億米ドルとし、さらに、2027年には1兆1054億8000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

住宅リフォーム市場には、既存の住宅の構造、デザイン、機能に対する工事、改築、塗装、配管工事、電化工事などのサービスを提供する事業体が得る収益が含まれます。住宅リフォームとは、既存の住宅構造をアップグレードまたは改築するプロセスで、新しい何かを作成することを含みます。2022年の住宅リフォーム市場は、北米が最大となりました。

住宅リフォームの主な種類には、DIYとDIFMがある。DIFMリフォームとは「Do-It-For-Me」リフォームの略で、住宅所有者自身ではなく、専門の請負業者やサービスプロバイダーが完成させる住宅改修プロジェクトを指します。これらの製品は、窓やドア、キッチンや浴室、床や屋根、壁など、住宅や商業施設などの最終用途産業における用途向けに、オンラインやオフラインのチャネルを通じて流通しています。

建設部門の増加は、今後の住宅リフォーム市場の成長を促進することが予想されます。建設部門は、建築とインフラ開発に関連する幅広い活動を包含する重要な産業で、住宅や商業ビルの建設、高速道路、橋、空港、公共交通機関などのインフラ整備が含まれます。建設部門が成長すれば、住宅需要が刺激され、住宅市場の競争力が高まります。その結果、住宅所有者は、新築の住宅を購入する代わりに、既存の住宅を改築することを選択する可能性があります。さらに、建設部門が新技術や新素材を取り入れることで、住宅のアップグレードへの関心が増える事も考えられます。例えば、連邦政府最大の統計機関である米国国勢調査局によると、2021年には推定159万5100戸の住宅が着工され、2020年の137万9600戸から15.6%増加した事になります。建設部門の増加が住宅リフォーム市場の成長を牽引しています。

技術の進歩は、住宅リフォーム市場で人気を博している重要なトレンドです。住宅リフォーム市場で事業を展開する企業は、市場での地位を維持するために新技術を採用しています。例えば、2023年1月、米国の空調制御ソリューション・プロバイダーであるLennox International Inc.は、スマートホーム革新の一環として、Lennox Smart Air Quality MonitorとLennox Smart Room SensorとともにLennox S40 Smart Thermostatを発売しました。Lennox S40 Smart Thermostatは、シームレスかつインテリジェントに連携する独自の完全通信システムを制御して、常に完璧で健康的な空気を供給します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]