断熱製品の市場規模、2027年に821億1000万米ドル到達予測

断熱製品の市場規模は、2022年の609億4000万米ドルからCAGR6.71%で成長し、2023年に650億2000万米ドルとし、さらに、2027年には821億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

断熱製品市場は、断熱フェーシング、セルロース、ポリ塩化ビニル、ケイ酸カルシウム、家具、エアロゲル、フェノールフォーム、パーライト、天然繊維の売上で構成されています。断熱製品とは、熱を遮断する、または物体間の熱の流れを減少させる物質を指します。断熱材は、暑い時期の熱取得と寒い時期の熱損失を減少させ、冷暖房の必要性を低め、建物外壁の熱性能を向上させます。2022年の断熱製品市場は、アジア太平洋地域が最大で、同時に最も成長する市場となる見込みです。

主な断熱タイプには、遮熱、遮音、その他の断熱タイプがあります。使用される材料は、ミネラルウール、ファイバーグラス、ストーンウール、ポリウレタンフォーム、フレキシブルエラストマーフォームなどで、オフラインおよびオンラインチャネルを通じて流通し、建築・建設、工業、輸送、消費者などのさまざまなエンドユーザーによって使用されます。

住宅用建物の増加は、断熱製品市場の成長を促進することが予想されます。住宅用建物では、エネルギー効率の高い建築のトレンドが断熱製品の需要を生み出しています。例えば、2023年1月には、米国で140万6000戸の新築住宅が建設され、2022年1月から12.8%増加しています。住宅建築の増加が断熱製品市場を牽引しています。

技術の進歩は、断熱製品市場で人気を博している主要なトレンドです。断熱製品市場で事業を展開する企業は、市場での地位を維持するために新技術を採用しています。例えば、2021年8月、ガラス繊維複合材、屋根材、断熱材、関連資材・商品を製造する米国のOwens Corning社は、PINK Next Genガラス繊維技術を発表しました。この技術は、PINK Next Gen Fiberglasの最先端繊維技術を駆使して製造された、柔らかく細い繊維が密に織り込まれたネットワークで、断熱性の高いマイクロポケットの超弾力ブランケットを作り出します。これは、他の断熱材や発泡スチロール断熱材に比べ、施工業者や居住者にとって安全で、より迅速に施工できます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]