ラベルカラー印刷の市場規模、2027年に37億7000万米ドル到達予測

ラベルカラー印刷の市場規模は、2022年の27億7000万米ドルからCAGR6.4%で成長し、2023年に29億5000万米ドルとし、2027年には37億7000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

ラベルカラー印刷市場には、ロゴ、画像、テキストなどのカラーラベルを様々な色やフォントで印刷することによって事業体が得る収益が含まれます。また、熱転写ラベルプリンターとダイレクトサーマルラベルプリンターの販売も含まれます。

ラベルカラー印刷とは、ブランディング、製品パッケージ、識別など様々な目的で、通常カラープリンターや印刷機を使用して、あらゆる色のラベルを印刷するプロセスを指します。2022年のラベルカラー印刷市場は、アジア太平洋地域が最大となりました。

ラベルカラー印刷の主な種類は、レーザープリンター、インクジェットプリンター、その他です。レーザープリンターとは、レーザービームを使用して紙上に高品質のテキストや画像を生成するタイプのプリンターです。使用される様々な技術には、フレキソラベル印刷、グラビアラベル印刷、スクリーン印刷、そして、食品、飲料、化粧品、医薬品、小売製品に適用されるデジタルラベル印刷があります。エンドユーザーには、日用消費財 (FMCG)、小売、包装、パーソナルケア、医薬品などがあります。

製品カスタマイズの増加は、ラベルカラー印刷市場の今後の成長を促進することが予想されます。製品のカスタマイズとは、個々の顧客の特定のニーズや好みに合わせた製品やサービスを作り出すことで、このシフトは、顧客のためのパーソナライズされた体験のニーズの高まりに起因しています。ラベルカラー印刷は、企業が個々の顧客のユニークなニーズや好みに合わせたカスタム製品ラベルを作成することを可能にします。例えば、2022年1月、カスタムプリントオンデマンド製品を販売するオンラインストア、QPMarketNetworkによると、30%以上の顧客がカスタマイズされた製品を要求し、これらのカスタマイズのために20%高い価格を支払うことを望んでいると報告しました。企業は、製品のカスタマイズによってコンバージョン率が200%上昇することを経験しており、製品カスタマイズの増加は、ラベルカラー印刷市場の成長を推進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]