木材製造の市場規模、2027年に5045億米ドル到達予測

木材製造の市場規模は、2022年の4529億1000万米ドルからCAGR2.7%で成長し、2023年に4653億1000万米ドルとし、さらに、2027年には5045億米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

木材製造市場は、合板、製材、繊維板の販売で構成され、様々な生産段階を経て、原材料の木材を完成木材製品に変換するプロセスを指します。原木、製材、その他の木材原料を、それぞれ用途に適した木材製品に変えるために、機械、設備、熟練した労働力が必要とされます。2022年の木材製造市場は、アジア太平洋地域が最大で、同時に最も成長する市場となる見込みです。

木材製造の主な種類には、ミルワーク、単板、人工木材製品、木製コンテナおよびパレット、製造住宅などがあります。木工品とは、一般的に建物の仕上げや装飾に使われる木製品の製造と設置を指し、建築、家具、包装、建具産業などで、家庭用および商業用に使用されます。

木製家具に対する需要の増加は、今後の木材製造市場の成長を促進することが予想されます。木製家具とは、主に木材で作られ、伝統的なものからモダンなもの、素朴なものから現代的なものまで、様々なスタイル、デザイン、仕上げがあります。木材製造は、屋内外家具の生産、製材、特定サイズの木材の生産など、木製家具の生産において重要な役割を果たしています。例えば、2022年6月、米国国際貿易委員会(USITC)によると、米国の木製家具の輸入額は、2021年6月から5.7%増え、23億米ドルに達しました。2022年1~6月の米国の木製家具輸入額は137億米ドルで、前年同期比10.6%増となりました。木製家具に対する需要の増加が、木材製造市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]