ペットフード原料の市場規模、2027年に409億8000万米ドル到達予測

ペットフード原料の市場規模は、2022年の292億9000万米ドルからCAGR7.4%で成長し、2023年に314億4000万米ドルとし、さらに、2027年には409億8000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

ペットフード原料市場は、米ぬか、鶏肉ミール、魚介類、飼料用穀物、大豆ミール、ビートパルプの売上で構成されています。ペットフード原料とは、ペットフード製品の栄養価を高め、ペットがタンパク質、炭水化物、脂肪、ビタミン、ミネラル、その他の栄養源やエネルギー源のニーズを満たすのを助けるために添加される成分を指します。2022年のペットフード原料市場は、北米が最大となり、アジア太平洋地域は最も成長する市場となる見込みです。

ペットフード原料に使用される主な原材料の種類は、肉・肉製品、穀類、野菜・果物、油脂、添加物です。肉および肉製品とは、動物組織から作られ、調理などの工程を経て、食品として消費されるものを指します。有機物や無機物から作られ、ドライタイプとウェットタイプがあり、動物性、植物性、合成品などさまざまなものがあり、犬、猫、魚、その他のペットに使用されています。

ペットの飼育率の増加は、ペットフード原料市場の成長を促進することが考えられます。ペットの養子縁組とは、個人、保護施設、レスキューグループなど、それまで誰かが飼っていた動物の世話を引き継ぐことを指します。ペットはペットフード原料の主な消費者です。彼らは健康な身体機能を維持するために多種多様な栄養素を必要とし、筋肉、歯、骨を構築・修復し、日常活動を容易に行い、感染症を撃退します。これらの要因が、ペットフード原料市場を後押ししています。2022年11月、オーストラリアを拠点とする動物医薬品業界のリーダーを代表する業界団体、アニマル・メディシンズ・オーストラリア(AMA)が発表したペットと人に関する全国調査によると、オーストラリアの家庭の約半数が少なくとも1匹の犬を飼っており、最も一般的なペットとなっています。2022年には、家庭の48%が犬を飼っており、2019年の40%からさらに増加しています。ペットの飼育率の増加が、今後のペットフード原料市場の成長を促進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]