家具店の市場規模、2027年に3661億米ドル到達予想

家具店の市場規模は、2022年の2507億1000万米ドルからCAGR8.71%で成長し、2023年に2725億4000万米ドルとし、2027年には3661億米ドルに達すると予想されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

家具店市場には、寝室用家具、浴室用家具、台所用家具、装飾用家具を提供する事業体が得る収益が含まれます。家具店は、膨大な品揃えの家具商品やカーペットを提供する店舗であり、多くの場合、大きな収納スペースを備えています。顧客はこれらの店で家具を試し、すべての選択肢に目を通すことができます。2022年の家具店市場は、アジア太平洋地域が最大で、同時に最速で成長する見込みです。

家具店で使用される主な材料の種類は、木材、金属、プラスチック、その他です。木材は樹木の枝や幹を構成する硬い物質で、建築材料やエネルギー源として利用され、高級家具、中価格帯の家具、低価格帯の家具など、さまざまな価格帯をそなえています。これらは、ホームセンター、旗艦店、専門店、オンライン、その他の経路で流通し、住宅、オフィス、ホテルなど、様々なエンドユーザーによって使用されます。

家具に対する需要の増加は、家具店市場の今後の成長を促進することが予想されます。家具は、座る、食べる、テーブル、椅子、机、アイテムを収納するキャビネットなど、人間の様々な活動をサポートする可動式のオブジェクトです。世界的に家の装飾や改築の人気から、家具の需要が増加しており、家具店の成長を推進しています。例えば、2023年2月、英国のインテリアデザイン会社Hollywood Mirrorが発表したレポートによると、家具製造市場は、2020年に約32億2000万米ドルを生み出しました。また、2021年には、英国の製造業者によって558万ピースの木製寝室家具が販売されたと言われています。家具需要の増加が、今後の家具店市場の成長を牽引しています。

技術の進歩は、家具店市場で人気を集めている主要な傾向です。主要な市場プレーヤーは、市場での地位を強化するために革新的な技術の創造に力を注いでいます。例えば、スウェーデンに本拠を置くホームファニッシングカンパニーであるIKEAは、2022年6月、AIを搭載し、顧客が本物そっくりのルームデザインを作成できるIKEA Kreativを発表しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]