損害保険の市場規模、2027年に2兆4668億4000万米ドル到達予測

損害保険の市場規模は、2022年の1兆6967億5000万米ドルからCAGR8.6%で成長し、2023年に1兆8431億4000万米ドルとし、さらに、2027年には2兆4668億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

損害保険市場には、医療費、車両損害、財産の損失や損害をカバーする損害保険サービスを提供する事業体が得る収益が含まれます。損害保険とは、個人とその所有物を保護するための各種保険を指します。また、家や車などの所有物を保護するのに役立ち、他人の怪我や物的損害につながる事故の法的責任から保護する保険です。2022年の損害保険市場は、北米地域が最大となりました。

損害保険の主な補償は、火災・盗難、家屋損害、洪水・地震、動産、その他です。火災・盗難保険は、火災によって持ち物に生じた損害や、盗難によって持ち物に生じた損害をカバーする保険です。これらは、家主、住宅所有者、賃貸人、その他のエンドユーザー向けに、ブローカーや非ブローカーを含む様々なチャネルによって販売されています。

自然災害の増加は、今後損害保険市場の成長を促進することが予想されます。自然災害とは、洪水、地震、暴風雨など、大きな損害や死傷者を残す大災害を指します。損害保険は、風災、ひょう災、落雷、ハリケーン、山火事など、さまざまな自然災害による損害を補償します。例えば、山火事管理と緊急支援を担当する米国の全米省庁間消防センターのデータによると、2021年の山火事の発生は、2019年から17%増加し5万8985件となり、710万エーカーに被害が及びました。自然災害の増加が損害保険市場の成長を促進しています。

技術の進歩は、損害保険市場で人気を集めている重要なトレンドです。損害保険市場で事業を展開する企業は、市場での地位を維持するために新技術を採用しています。例えば、2023年1月、英国のインシュアテック新興企業であるPeppercornは、会話型のAIアシスタントを発表しました。この技術は、同社の詐欺対策テクノロジーや事前引受決定とともに、実際のコールセンターの必要性をなくし、顧客に充実した購入体験を提供し、運営コストと経費率を削減しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]