小学校の市場規模、2027年に1兆292億3000万米ドル到達予測

小学校の市場規模は、2022年の6577億2000万米ドルからCAGR9.7%で成長し、2023年に7212億2000万米ドルとし、さらに、2027年には1兆292億3000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

小学校市場は、中学校、小学校、小学校の教育を提供する事業体が得る収益で構成されます。小学校市場には、教育サービスの提供に使用されるタブレットやノートパソコンの販売も含まれます。

小学校とは、子どもたちが人生、仕事、そして積極的な市民権を得る準備をするために必要な基礎的なスキルを身につける教育機関を指します。 また、正式な学校の 1 年目も含みます。これには、ある国では幼稚園が含まれる場合もあれば、ある国では 1 年生が含まれる場合もあります。 幼稚園児から5年生までを指す小学生を対象に、学問的なコースや関連コースを提供します。

アジア太平洋地域は、2021年のプライマリースクール市場において最大となり、同時に最も成長する市場となる見込みです。

タイプ別に、小学校は、公立、私立、オンラインに分類されます。公立とは、公的制度から財政的および管理的に分離されながら、中等レベルの学生を有料で教える非常に少数の教育機関を指します。展開形態はクラウド、オンプレミスがあり、料金体系は低所得者向け、中所得者向け、高所得者向けがあります。

識字率の向上が、小学校市場の今後の推進力になると予想されます。識字率とは、読み書きの両方に堪能なコミュニティの割合を指します。識字率は効果的な初等教育システムの存在を示唆するため、識字率の向上は市場の成長を促進します。例えば、2022年9月、フランスに本部を置く世界の平和と安全を促進する専門機関である国連教育科学文化機関によると、2020年には世界中で7億7100万人の非識字者がおり、2020年には世界の識字率は86.68%まで上昇しました。識字率の向上が小学校市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]