集合住宅建設の市場規模、2027年に1兆1418億5000万米ドル到達予想

集合住宅建設(アパートメント)の市場規模は、2022年の7474億8000万米ドルからCAGR9.8%で成長し、2023年に8210億7000万米ドルとし、さらに、2027年には1兆1418億5000万米ドルに達すると予想されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱などを引き起こし、商品やサービス全体にインフレをもたらし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

集合住宅建設市場(アパートメント)は、新しい二世帯住宅、三世帯住宅、四世帯住宅の販売で構成されています。集合住宅とは、同じ建物内または複合施設内に多数の住戸がある住宅のサブカテゴリーで、複数の家族が別々に暮らせるように分割されており、二世帯住宅から小規模な住宅やアパートまで、さまざまなものがあります。2022年の多世帯住宅建設(アパートメント)市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は、最も急速に成長する市場となる見込みです。

集合住宅建設(アパートメント)の主な建設活動は、新築、修理・メンテナンス、改修、解体です。新築とは、完全に新しく、一度も入居したことのない建物を指します。アパートの建設にかかる費用には、建設資材、建設機械、建設サービスなどがあり、所有型と賃貸型に分類されます。

人口増加は、集合住宅建設(アパートメント)市場の成長を促進することが予想されます。人口増加とは、ある国、地域、または地理的なエリアにおける、一定期間における人口規模の年平均変化率です。人口が増加すると、多くの人を収容する必要から、集合住宅建設も増加します。例えば、政府間機関である国連によると、世界の人口は2020年の77億9000人から2022年11月中旬には80億人に達したと報告されています。人口の増加が集合住宅建設市場の成長を後押ししています。

サステナビリティは、集合住宅建設市場で人気を博している重要なトレンドです。多世帯住宅建設市場で事業を展開する企業は、市場での地位を維持するために新技術を導入しています。例えば、2021年12月、米国のエンジニアリング・建設会社であるDahlin Groupは、ソルトレイクシティの手頃な価格の住宅不足に対処するために、小さな家のプロトタイプであるMod Hiveを開発しました。このプロトタイプは、1つの土地に小さなクラスターとして、またはいくつかの土地からなる小さな計画的な開発として使用することができます。このサステナブルなアイデアは、内向きの敷地計画を用いることで、コミュニティガーデン、屋外集会場、焚き火台を備えた小さな町を設立することです。敷地の手前を低密度に、奥を高密度に配置することで、2階建ての一戸建て住宅が並ぶクラシックな街並みを再現しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]