政府庁舎の市場規模、2027年に511億1000万米ドル到達予測

政府庁舎の市場規模は、2022年の472億8000万米ドルからCAGR2.5%で成長し、2023年に484億7000万米ドルとし、さらに、2027年には511億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

政府庁舎市場には、自治体の管理棟、保守施設、オフィスビル、政府駐車場、公園、レクリエーション施設などの政府系建築物を建設することによって事業体が得る収益が含まれます。

政府庁舎とは、さまざまな政府機関を収容・結合する建造物を指し、組織化されたコミュニティの法的・市民的業務を遂行するために使用されます。2022年の政府庁舎市場は、アジア太平洋地域が最大となりました。

政府庁舎の主な種類は、施設系建物と商業系建物です。施設用建物とは、医療、教育、レクリエーション、公共事業などの産業で利用されるあらゆる建造物を指します。様々な建物の種類には、非住宅用スマートビルと伝統的なビルが含まれます。これらは、民間や公共など、さまざまなエンドユーザーによって使用されています。

政府支出の増加により、今後政府庁舎市場の成長が促進されることが予想されます。 政府支出とは、政府がさまざまな商品やサービスに費やす資本を指します。 公立病院や学校などの政府の建物は、さまざまなインフラ要件の開発に役立つ政府支出の一部です。 たとえば、2022年3月、アイルランドに本拠を置く政府機関であるアイルランド中央統計局によると、2020 年の 一般政府支出の合計は、108 億 2000 万米ドルで 、GDP の 50.7% に相当します。さらに、2021年は116億1000万米ドルで、GDPの49.3%に相当すると予測されています。また、インド政府の年次予算報告書によると、2021-22年の政府支出全体は、412万7831米ドルとなり、2019年から2020年の間、毎年14%増加すると予想されています。政府支出の増加が政府庁舎市場の成長を推進しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]