一般化学製品の市場規模、2027年に3898億2000万米ドル到達予測

一般化学製品の市場規模は、2022年の2606億9000万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2023年に3099億3000万米ドルとし、さらに、2027年には3898億2000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

一般化学製品市場は、酸、アルカリ、塩、有機化学品の販売で構成されています。一般化学製品は、化学反応の結果として形成される物質で、ガラス、石鹸、美容製品、粉末洗剤、紙、繊維製品など、多くの日用品を製造する際に使用されています。2022年の一般化学製品市場は、アジア太平洋地域が最大となりました。

基礎化学品を除外した一般化学製品には、樹脂、合成ゴムなどがあります。基礎化学品とみなされない化学品としては、医薬品、特殊化学品、ファインケミカルなどの化学品があります。主な種類は有機系と無機系で、家庭用、商業用などいくつかの用途に使用されます。

医薬品分野の成長は、今後、一般化学製品市場の成長を後押しすると期待されています。製薬業界とは、医薬品の製造、販売、流通のライセンスを持つ営利企業のことを指します。医薬品、外用軟膏、ワクチン、栄養補助食品、ユニークな新生児用ミルク組成物など、さまざまな医薬品の製造において化学物質は重要な役割を担っており、医薬品分野の成長は一般化学製品市場を押し上げることが予想されます。例えば、2022年3月、米国の保健福祉省であるメディケア&メディケイドサービスセンターが発表した2021-2030年国民医療費(NHE)報告書によると、国民医療費の年間増加率は2021年からCAGR5.1%で成長し、2030年には約6兆8000億米ドルに達すると予測されています。さらに、2021年から2030年の間、メディケア支出はCAGR7.2%、メディケイド支出はCAGR5.6%で拡大すると予測されています。医薬品分野の成長が、一般化学製品市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]