野菜栽培の市場規模、2027年に2兆2408億9000万米ドル到達予測

野菜栽培の市場規模は、2022年の1兆5688億9000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2023年に1兆6877億3000万米ドルとし、さらに、2027年には2兆2408億9000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

野菜栽培市場には、新鮮な野菜製品や加工された野菜製品を販売することによって事業体が得る収益が含まれます。野菜栽培とは、食品として消費される野菜を、地元市場向け、またはより広く流通させるために栽培・生産することを指します。2022年の野菜栽培市場は、アジア太平洋地域が最大となりました。

野菜栽培の主な種類は、野菜作物の栽培と野菜種子の生産です。野菜作物の栽培とは、人間が消費するために栽培される植物を指します。家庭用、商業用など様々な用途があります。

菜食主義の人気の高まりは、今後の野菜栽培市場の成長を促進することが予想されます。菜食主義とは、食用やその他の目的で動物性食品の使用を避けるライフスタイルと食生活の選択であり、倫理的、環境的、健康的な理由によって動機づけられることが多いと言われています。菜食主義者は、有害な化学物質を含んだ土壌や水質汚染の原因となる動物由来の肥料や農薬の使用を避けるのが一般的です。その代わりに、より持続可能で環境に優しい有機栽培や植物由来のものを選び、新鮮な野菜製品の需要を増やしています。例えば、イスラエルに本社を置くパッケージ食品会社Redefine meat Ltd.によると、2021年9月、世界の菜食主義者は7900万人と推定されており、これは全人口の1%以上に相当すると言われています。また、2040年には、肉を食べる人は世界人口の40%に減少することが予測されています。ヴィーガン食品の市場規模は、2026年までに314億米ドルという驚異的な規模になると予想されています。菜食主義の増加は、野菜栽培市場の需要を牽引しています。

技術の進歩は、野菜栽培市場で人気を博している主要な傾向です。主要な市場関係者は、人手不足を解消し、時間を節約するために、野菜栽培のための革新的な技術を生み出すことに力を注いでいます。例えば、2021年10月、オランダの野菜育種会社Rijk Zwaanは、育種プロセスを加速させ、生産者が新しい野菜品種に迅速にアクセスできるようにするため、人工知能を発表しました。これにより、2020/2021年度の売上高は4億9800万ユーロで、前年度比4%増となりました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]