協働ロボットの市場規模、2027年に71億1000万米ドル到達予測

協働ロボットの市場規模は、2022年の19億9000万米ドルからCAGR29.3%で成長し、2023年に25億8000万米ドルとし、さらに、2027年には71億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックにおける世界の経済回復を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

協働ロボット市場は、ハンドガイド、安全監視付き停止、スピードと分離を提供することで事業体が得る収益で構成されています。市場価値には、サービスプロバイダーが販売する、あるいはサービス提供に含まれる関連商品の価値も含まれます。また、協働ロボット市場には、グリッパー、ロボットアーム、コントローラー、センサーなどの販売も含まれます。

協働ロボットとは、協働ワークスペースに組み込まれ安全に作業する、人間の作業者を支援するロボットの自動化を指します。これらのロボットは、産業環境で反復作業をこなし、従業員と共に作業するために使用されます。2022年の協働ロボット市場は、アジア太平洋地域が最大となりました。

協働ロボットの主な構成要素は、ハードウェアとソフトウェアです。ハードウェアは、コンピュータが機能するために必要な物理的なコンポーネントを指します。可搬重量は、5kgまで、10kgまで、10kg以上など様々です。これらは、組立、ピックアンドプレース、ハンドリング、パッケージング、品質検査、接着、溶接などに適用され、自動車、食品・飲料、家具、プラスチック・ポリマー、金属・機械、エレクトロニクス、医薬品など、さまざまな垂直分野で使用されています。

人件費の上昇は、協働ロボット市場の成長を促進することが予想されます。人件費とは、従業員一人一人の給与と福利厚生に加え、関連する給与税や手当を賄うために企業が支出しなければならない支出のことを指します。会計や財務の専門家は、人件費を組織の直接的・間接的な人件費を決定する際の重要な変数とみなしています。人件費の上昇は、協働ロボットが人件費を下げ、深刻化する労働力不足を解決するため、協働ロボットの採用を増加させます。例えば、2021年12月、ベルギーに本部を置き内閣府として運営されている欧州連合の執行機関である欧州委員会によると、EUにおける時間当たりの人件費総額は、2021年の1.1%から2022年には4.1%に上昇したと報告しています。人件費の上昇が協働ロボット市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]