プロテインパウダーの市場規模、2027年に327億6000万米ドル到達予測

プロテインパウダーの市場規模は、2022年の236億2000万米ドルからCAGR6.8%で成長し、2023年に252億3000万米ドルとし、さらに、2027年には327億6000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

プロテインパウダー市場は、コラーゲンプロテインパウダーと乳清加水分解物の売上で構成されます。プロテインパウダーとは、牛乳や卵などの動物性食品、または植物性食品から作られたタンパク質を高い割合で含む栄養補助食品を指し、筋肉増強や組織修復のために使用されます。2022年のプロテインパウダー市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は、今後最も成長する市場となる見込みです。

プロテインパウダーの主な種類は、カゼインプロテイン、ホエイプロテイン、卵プロテイン、大豆プロテインです。カゼインプロテインとは、スキムミルクを酸性化して酸性カゼインにする、もしくは、レンネットを加えてレンネットカゼインにすることで、スキムミルクから沈殿するタンパク質を指します。主なフレーバーは、チョコレート、クッキー&クリーム、バニラ、ストロベリーなどで、その原料には植物性、動物性があります。これらは、栄養ストア、スーパーマーケット、薬局、オンラインなど、いくつかの流通チャネルを通じて販売され、栄養補助食品、食品・飲料、医薬品など、さまざまな最終用途に使用されます。

フィットネス愛好家の増加は、今後プロテインパウダー市場を促進することが予想されます。フィットネス愛好家とは、身体的な健康に熱心で、食事に気を配り、それを総合的な健康の重要な要素と見なす人々です。また、減量を促進し、筋肉の調子を整えるためにプロテインパウダーを使用するため、フィットネス愛好家の増加は市場の成長を促進するものと思われます。例えば、米国を拠点とする健康とフィットネスの専門家の世界的コミュニティであるInternational Health, Racquet & Sportsclub Associationが共有した2022 IHRSA Health Club Consumer Reportによると、2022年には米国人の5人に1人以上がヘルスクラブやフィットネススタジオに所属し、消費者数は6650万人に達し、成長率は3.6%に増加すると報告しています。フィットネス愛好家の増加がプロテインパウダー市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]