キノロン系抗菌薬の市場規模、2027年に564億2000万米ドル到達予測

キノロン系抗菌薬の市場規模は、2022年の460億2000万米ドルからCAGR4.5%で成長し、2023年に480億9000万米ドルとし、さらに、2027年には564億2000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を中断させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

キノロン系抗菌薬市場は、ベダキリンの売上で構成されています。キノロン系抗生物質とは、グラム陽性およびグラム陰性両方のタイプの細菌細胞を直接殺す殺菌性の抗生物質を指します。キノロン系抗菌薬は、細菌によって引き起こされる様々な感染症の治療に使用されます。2022年のキノロン系抗菌薬市場は、北米が最大となりました。

キノロンの主な種類は、ノルフロキサシン、オフロキサシン、シプロフロキサシン、ゲミフロキサシンなどです。 ノルフロキサシンは、さまざまな細菌感染症の治療に使用されるフルオロキノロンを指します。 ノルフロキサシンは結膜炎や尿路感染症の治療に使用されます。 病原体の種類には、グラム陽性病原体とグラム陰性病原体が含まれます。 病院薬局、小売薬局、オンライン薬局など、さまざまな用途が含まれます。

感染症の発生率の上昇がキノロン系抗菌薬市場の成長に大きく寄与しています。感染症とは、寄生虫、真菌、細菌、ウイルスなどの微生物によって引き起こされる病気で、キノロン系抗菌薬は、結核や尿路感染症など、細菌によって引き起こされるさまざまな感染症の治療に広く使用されています。例えば、アメリカ大陸の人々の健康と生活水準の向上に取り組む国際公衆衛生機関である汎米保健機構(Pan American Health Organization)が発表した2022年のデータによると、2021年に結核に罹患した人は約1060万人で、2020年から4.5%増加しました。感染症の発生率の増加がキノロン系抗菌薬市場を牽引しています。

製品の革新は、キノロン系抗菌薬市場で人気を博している主要なトレンドです。キノロン市場に参入している主要企業は、市場での地位を維持するために革新的な製品の開発に注力しています。例えば、2023年1月、米国に本社を置く製薬会社Viatrisの韓国支社は、新しい薬剤耐性結核治療薬であるDovprelaを発売しました。Dovprelaは、ベダキリン、プレトマニド、リネゾリド(BPaL)の3剤併用レジメンで、広範囲薬剤耐性結核および治療抵抗性または非反応性の多剤耐性結核の成人患者を治療します。また、その迅速な抗結核効果により、治療期間を18~20カ月から5~6カ月に短縮します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]