輸送車両用部品の市場規模、2027年に28億9000万米ドル到達予測

輸送車両用部品の市場規模は、2022年の20億5000万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2023年に22億米ドルとし、さらに、2027年には28億9000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

輸送車両用部品市場は、サスペンションシステム、ステアリングホイール、ブレーキの売上で構成されています。輸送車両用部品とは、車両またはそのフレームに固定、接着、またはその他の方法で接合されるあらゆる部品のことで、飛行機、船舶、列車など様々な乗り物に使用されています。2022年の輸送車両部品市場は、北米が最大となりました。

輸送車両用部品の主な種類は、自動車ボディ、自動車エンジン、自動車電気・電子機器、内装です。自動車ボディとは、シャーシ、フレーム、ユニボディに固定されている部分を指し、フェンダー、バンパー、フロントガラス、ガラス、および同様の部品が含まれます。車種は乗用車と商用車、部品はバッテリーパック、DC-DCコンバーター、コントローラーとインバーター、モーター、車載充電器などがあり、販売チャネルはOEM(相手先ブランド製造)、アフターマーケットがあります。

商用車の需要増は、今後、輸送車両用部品市場の成長を促進することが予想されます。商用車とは、人ではなく物や材料の輸送に使用することが許可されている車両を指します。商用車には、その機能を発揮するための部品が必要になっており、その成長は、輸送車両用部品市場の成長をもたらすことになります。例えば、フランスを拠点とし、39カ国の自動車業界団体を会員とする国際自動車工業会(OICA)によると、商用車の生産台数は2020年の2178万7126台から2021年には2309万1693台に増加するとされています。商用車の需要の増加は、輸送車両用部品市場を成長させると予想されます。

技術の進歩は、輸送車両用部品市場で人気を博している主要な傾向です。同市場で事業を展開する主要企業は、市場での地位を強化するために、技術的に進んだ製品の開発に注力しています。例えば、2021年1月、自動車を設計、エンジニアリング、製造、販売する英国の自動車メーカーであるFCAは、エネルギー貯蔵、水素、eモビリティの技術プレーヤーであるイタリアのEngie EPSおよびTernaとともに、イタリアのトリノで、同社の車両をグリッドに接続する可能性をテストするビークル・ツー・グリッド(V2G)パイロットプロジェクトの第1段階を開始しました。ビークル・ツー・グリッド技術により、電気自動車の所有者は、バッテリーを追加用途に使用することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]