放射線サービスの市場規模、2027年に103億1000万米ドル到達予測

放射線サービスの市場規模は、2022年の59億米ドルからCAGR12.3%で成長し、2023年に66億2000万米ドルとし、さらに、2027年には103億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

放射線サービス市場には、コンピュータ断層撮影(CT)、磁気共鳴画像法(MRI)、核医学、陽電子放射断層撮影(PET)、超音波検査などのサービスを提供する事業体が得る収益が含まれます。

放射線医学は、X線などの画像技術を病気の診断と治療に用いる医学の一分野で、診断サービスと治療サービスが含まれます。放射線科医は、医療用画像(放射線)法(検査やテスト)の使用に重点を置く医療専門家です。放射線医学には、問題を特定、検査、治療するための様々な機器や方法も含みます。2022年の放射線科サービス市場は、北米が最大となりました。

放射線サービスの主な種類は、据え置き型デジタル放射線システムと携帯型デジタル放射線システムがあります。据置型デジタル放射線透視システムは、一箇所に固定され移動できないX線透視システムです。主な手技は従来型とデジタル型があり、患者の年齢層には成人と小児があります。これらは、心臓血管撮影、胸部撮影、歯科撮影、乳房撮影、整形外科撮影などの用途で、病院、外来センター、診断センター、診療所など、さまざまなエンドユーザーに使用されています。

加齢に伴う疾患の蔓延が、放射線サービス市場の成長を促進しています。加齢関連疾患とは、年齢を重ねるにつれて頻度が高くなる疾患のことで、アルツハイマー病、関節炎、認知症などの疾患が含まれます。これらの疾患の診断にはMRIやコンピュータ断層撮影などの放射線学的検査が使用され、その有病率の増加により、診断検査の必要性が高まっています。例えば、アルツハイマー病に関する治療と認知度の向上に取り組む米国の非営利団体であるアルツハイマー病協会によると、2022年には600万人以上の米国市民がこの病気に罹患しており、その数は2050年までに1300万人に達すると予想されています。高齢者の3人に1人がアルツハイマー病やその他の認知症で死亡しています。アルツハイマー病に関わる費用は、2022年には総額3210億米ドルに上り、2050年には1兆ドルに達すると予想されています。加齢に関連する疾患の有病率の増加が、放射線サービス市場を押し上げています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]