クラウドマネージドサービスの市場規模、2027年に1410億3000万米ドル到達予測

クラウドマネージドサービスの市場規模は、2022年の800億3000万米ドルからCAGR12.1%で成長し、2023年に896億8000万米ドルとし、さらに、2027年には1410億3000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

クラウドマネージドサービス市場には、クラウドの展開、クラウドのセキュリティ、ネットワークとストレージ、クラウドのモニタリングとレポート、バックアップとディザスタリカバリ、インフラのセットアップ、事業継続性、クラウド移行サービスなどのサービスを提供する事業体が得る収益が含まれます。

クラウドマネージドサービスとは、企業がクラウドリソースを効率的に運用するためのアウトソーシングサービスであり、コスト削減を実現します。クラウドマネージドサービスは、クラウドプラットフォームの管理をサードパーティに委託する組織が利用します。2022年のクラウドマネージドサービス市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は最も成長する市場となる見込みです。

クラウドマネージドサービスの主な種類は、マネージドビジネスサービス、マネージドネットワークサービス、マネージドセキュリティサービス、マネージドインフラサービス、マネージドモビリティサービス、マネージドコミュニケーション&コラボレーションサービスです。採用、会計、給与計算、モビリティ、マーケティング、ベンダー管理などのマネージドビジネスサービスは、企業がクラウドインフラ上で動作するビジネスサービスをアウトソーシングする際に利用されます。パブリッククラウドとプライベートクラウドの導入には、大企業と、政府、小売、IT・通信、製造、BFSI、ヘルスケア、エネルギー、公益事業のエンドユーザーである中小企業(SME)が含まれます。

企業全体でクラウド技術の採用が増加していることから、クラウド管理サービス市場の今後の成長が期待されています。クラウド技術は、個人や企業がインターネット経由でデータを保存・処理する能力を提供し、最終用途とは別の場所にデータを保存することで、物理的なインフラを不要にします。マネージドサービスを利用したクラウドテクノロジーは、データ保存のための物理的インフラを構築・維持するための支出を削減し、データへの容易なアクセスを可能にします。例えば、ルクセンブルクを拠点とする欧州委員会の統計機関であるEurostatによると、2021年には欧州連合(EU)の企業の41%がクラウドコンピューティングを利用していることが報告されています。さらに、そのうちの73%の企業が、セキュリティソフトウェアアプリケーション、企業データベースのホスティング、その他の企業要件に関する高度なクラウドサービスを利用しています。企業全体でクラウド技術の採用が増加しており、クラウド管理サービス市場の成長を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]