ペットヘルスケアの市場規模、2027年に2926億4000万米ドル到達予測

ペットヘルスケアの市場規模は、2022年の2139億米ドルからCAGR6.5%で成長し、2023年に2278億3000万米ドルとし、さらに、2027年には2926億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

ペットヘルスケア市場は、ペットヘルスケア診断ツール、医薬品、予防ケア製品の売上で構成されます。ペットヘルスケアとは、ペットを病気にしないために予防と治療を行うアプローチを指しており、健康的なペットライフに役立ちます。これには、獣医によるペットの一般的な健康状態、病気やその他の健康問題の可能性の評価を含む、多面的な戦略を伴います。2022年のペットヘルスケア市場は北米が最大で、アジア太平洋地域は最も成長する市場になることが予測されます。

ペットヘルスケアの主な種類は治療薬と診断薬です。治療薬は、ワクチン、抗寄生虫製品、飼料添加物などの製品を指し、すでに感染しているペットの治療に用いられます。イヌ、ネコ、ウマ、鳥類など、さまざまな種類の動物の治療に使用され、小売店、電子商取引、病院薬局などの流通チャネルを通じて販売されます。

動物性疾患の蔓延が増加していることから、ペット用ヘルスケア市場の成長が促進されることが予想されます。動物の病気は、罹患することで健康状態を損ないます。中には動物にとって致命的な病気もあり、適切な治療が必要となります。ペットヘルスケアは、病気の予防や進行中の感染症の治療に有効です。例えば、米国を拠点とするペット病院、BluePearl Pet Hospitalが発表した2021年ペット健康動向レポートによると、2021年には85万頭のペットが病院で治療を受け、ペットの来院数は129万件に達しました。 これは、2020 年と比較して 2.3% の増加です。動物感染症の蔓延がペットヘルスケア市場を前進させています。

画像診断技術の進歩は、ペットヘルスケア市場で人気を集めている重要なトレンドです。ペットヘルスケア市場で事業を展開する主要企業は、市場での地位を維持するために革新的な診断製品を導入しています。例えば、2020年9月、ペットや家畜用の医薬品や予防接種を製造する米国のZoetis Inc.は、動物診断用の新しい診断プラットフォームであるVetscan Imagystを発売しました。この新プラットフォームは、画像認識技術、アルゴリズム、クラウドベースの人工知能を活用し、正確な検査結果をクリニックに提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]