ガスエンジンの市場規模、2027年に60億6000万米ドル到達予測

ガスエンジンの市場規模は、2022年の47億4000万米ドルからCAGR5.5%で成長し、2023年に50億米ドルとし、さらに、2027年には60億6000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

ガスエンジン市場は、化学量論的オットーサイクルエンジン、バイオガスエンジン、シェールガスエンジンの販売で構成されます。ガスエンジンとは、天然ガスや高炉ガスなどの気体燃料を燃焼させてガスを製造する内燃機関を指します。これらはまた、再生可能エネルギー生産や送電網のバランス調整にも使用されます。2022年のガスエンジン市場は北米が最大となりました。

ガスエンジンの主な燃料タイプは、天然ガス、特殊ガス、その他の燃料タイプです。天然ガスエンジンとは、天然ガスを燃料として自動車を動かす火花点火式内燃機関を指します。出力は、1~2MW、2~5MW、5~15MW、15MW以上などさまざまで、発電、機械駆動、コジェネレーションなど様々な用途に用いられ、公益事業、船舶、石油・ガス、製造業などのエンドユーザーに使用されます。

発電用天然ガスの使用量の増加は、ガスエンジン市場の今後の成長を促進することが予想されます。発電とは、化石燃料、原子力発電所、水力発電など様々な要因によって生産される電力を指し、熱電併給設備や電力専用設備で発電された電力を含みます。ガスエンジンのモジュール性と高いコスト効率は、安定した電力要件に最適なソリューションを提供します。その結果、発電のための天然ガスの使用量の増加は、ガスエンジン市場の需要を増加させています。例えば、2022年9月、フランスを拠点とし、世界のエネルギー部門全体に関する政策提言、分析、データを提供する自治政府間機関である国際エネルギー機関(IEA)によると、2021年の天然ガス由来の発電量は、前年比で約3%増加しました。発電用天然ガスの使用量の増加が、ガスエンジン市場を牽引しています。

技術の進歩は、ガスエンジン市場で人気を博している主要な傾向です。ガスエンジン市場で事業を展開する主要企業は、現代のエネルギーと電力のニーズを満たすために、ガスエンジンの性能を向上させる新技術の使用に注力しています。例えば、2022年11月、中国のディーゼルエンジンとガスエンジンのメーカーであるWeichai Groupは、Westport高圧直接噴射(HPDI)技術に基づくブレーキ熱効率(BTE)54.16%の世界初の商用天然ガスエンジンを発売しました。このユニークな天然ガスエンジンは、ディーゼルエンジンにも利用されている低フリクション・高熱効率技術を採用することで、技術的なアップグレードを実現しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]