企業向けの保険の市場規模、2027年に9872億9000万米ドル達成予測

企業向けの保険の市場規模は、2022年の6609億米ドルからCAGR8.3%で成長し、2023年に7158億7000万米ドルとし、さらに、2027年には9872億9000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

企業向け保険市場には、保険、コンサルティング、保険金請求決済などのサービスを提供することによって事業体が得る収益が含まれます。企業向け保険は、傷害、盗難、サイバー攻撃、その他の災難による経済的損失から企業を保護するプランで、会社の資産を損害から守るために非常に有効です。2022年の企業向け保険市場は、アジア太平洋地域が最大となりました。

企業向け保険の主な種類は、商業自動車保険、商業財産保険、賠償責任保険、海上保険、その他です。商業用自動車保険は、会社の車両を事故や盗難から守るためのビジネス保険です。大企業から中小企業まで、製造業、建設業、IT・通信業、ヘルスケア、エネルギー・公益事業、運輸・物流業などの業界向けに、代理店・ブローカー、ダイレクトレスポンスなど、さまざまな流通経路を通じて提供されています。

企業向け保険プロバイダー数の増加が、今後の企業向け保険市場を牽引しています。保険プロバイダーは、保険サービスを提供する事業者です。保険会社の数が増えれば増えるほど、事業補償の種類は増えていき、企業の選択肢は増えます。また、保険料が安くなるため、中小企業でも保険への加入が容易になります。例えば、米国の業界データを提供するIbisworldによると、2023年の米国の保険ブローカーと代理店は、2022年から0.3%増加して、約42万56件に達すると予測されています。さらに、保険の理解向上に取り組む米国の業界団体であるInsurance Information Instituteによると、2020年の保険業界の雇用者数は約285万3000人と報告されています。企業向け保険事業者の増加が同市場の成長を牽引しています。

先進技術の採用は、企業向け保険市場で人気を博している主要なトレンドです。市場の主要企業は、人工知能やモノのインターネット(IoT)などの技術を採用し、市場での地位を維持しています。例えば、2022年9月、米国のInsurTech企業であるNeuralMetricsは、人工知能と自然言語処理(NLP)技術に基づく独自のソリューションであるMarketEdgeを発表し、保険会社が提供する企業向け保険の潜在顧客として認識できる米国ベースの企業を調査し、フィルタリングできるようにしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]