生鮮品輸送の市場規模、2027年に186億7000万米ドル到達予測

生鮮品輸送の市場規模は、2022年の126億5000万米ドルからCAGR8.61%で成長し、2023年に137億4000万米ドルとし、さらに、2027年には186億7000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

生鮮品輸送市場には、陸路、水路、空路など様々な手段による生鮮品の輸送によって事業体が得る収益が含まれます。生鮮品輸送とは、温度または時間の影響を受けやすい商品を、温度管理システムを備えた冷蔵車両で輸送することを指します。この輸送では、商品の品質と有効性を維持することが出来ます。2022年の生鮮品輸送市場は、北米が最大となりました。

生鮮品輸送に使用される製品の主な種類は、食肉、魚介類、乳製品、冷凍デザート、野菜・果物、ベーカリー・菓子があります。食肉とは、人間の食料として利用可能で、鳥類以外の動物から得られた製品を指します。生鮮品の輸送には、等温輸送、リーファー輸送、冷凍輸送の技術が使われ、海上、航空、鉄道、道路など、いくつかの輸送モードが採用されます。

加工食品に対する需要の高まりが、今後の生鮮品輸送市場の成長を促進することが予想されます。加工食品とは、最終製品を製造するために、一連の機械的・化学的操作を経た食品を指します。加工食品は通常、箱詰めされており、その多くは生鮮品で、一定の温度で迅速に輸送する必要があります。生鮮品輸送では、加工食品を空気循環システムを備えた冷蔵船で輸送し、食品の鮮度を確保しています。例えば、米国のブランディング会社Soocialがシェアした記事によると、2022年には、米国人の約36%が調理済み食品を消費したと報告しています。英国では5人に1人が毎週調理済み食品を消費しています。北米における調理済み食品の市場シェアは昨年41.4%でした。加工食品に対する需要の高まりが生鮮品輸送市場の成長を牽引しています。

製品のイノベーションは、生鮮品輸送市場で人気を博している主要な傾向です。生鮮品輸送市場で事業を展開する主要企業は、自社の地位を強化するために新技術ソリューションの開発に注力しています。例えば、2022年9月、輸送用冷凍ソリューションの開発・生産・販売を行うオーストリアの新興企業PBX GmbHは、電気自動車用の初の冷凍ユニット “Ecos M24 “を発売しました。これは、輸送用冷凍機として初めて市場に投入されたプロパン・ソリューションで、完全電気式で密閉式、ゼロエミッションです。このユニットは、温度に敏感な生鮮品を、CO2を一切排出することなく、確実に目的地まで輸送することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]