職場安全性の市場規模、2027年に199億2000万米ドル到達予測

職場安全性の市場規模は、2022年の123億米ドルからCAGR10.58%で成長し、2023年に136億1000万米ドルとし、さらに、2027年には199億2000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

職場安全性市場は、リアルタイムの位置情報モニタリング、環境衛生・安全、アクセスコントロール、監視システムによって事業体が得る収益で構成されています。市場価値には、サービスプロバイダーが販売する、あるいはサービス提供に含まれる関連商品の価値も含まれます。また、同市場には、センサー、RFIDタグおよびリーダー、ウェアラブルの販売も含まれます。職場の安全とは、従業員の安全、健康、幸福に影響を与える要因のことで、従業員と雇用者の双方に利益をもたらし、職場のより良い労働条件を促進します。影響を与える要因には、環境上の危険、安全でない労働条件やプロセス、薬物やアルコールの乱用、サイバー脅威、職場での暴力などが含まれます。2022年の職場安全性市場は、北米が最大となりました。

職場安全性市場の主なシステムの種類は、環境衛生安全、アクセスコントロールと監視システム、リアルタイム位置監視です。環境安全衛生とは、従業員と公衆の健康と安全、そして環境を職場の危険から守るための法律、規則、規制、職業、プログラム、職場の取り組みを指す一般的な用語です。中小企業や大企業では、事故や緊急事態の管理、資産の追跡と管理、個人保護具の検出などに使用されています。職場の安全は、BFSI、IT・通信、製造・自動車、ホスピタリティ、ヘルスケアなどの業界で使用されています。

労働災害と死亡の増加が、職場安全性市場の成長に大きく寄与しています。職場の安全システムは、職場で生命を脅かすさまざまな状況から従業員を保護します。職場における労働災害と死亡の増加は、多くの企業の間で職場の安全装置と慣行の導入につながり、同市場を牽引しています。例えば、ルクセンブルクに本部を置く欧州委員会の機関であるユーロスタットのデータによると、EUでは、2020年に3355件の死亡労働災害が発生しています。労働災害と死亡事故の増加は、将来の職場安全性市場の成長を促進することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]