博物館、史跡、動物園、公園の市場規模、2027年に1193億3000万米ドル到達予測

博物館、史跡、動物園、公園の市場規模は、2022年の606億米ドルからCAGR60.1%で成長し、2023年に969億9000万米ドルとし、さらに、2027年には1193億3000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱などを引き起こし、商品やサービス全体にインフレをもたらし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

博物館、史跡、動物園、公園サービス市場には、遺跡、博物館、生きた動植物の展示、自然地域や環境など、歴史的価値のあるものを保護・展示する地域や場所を運営する事業者が得る収益が含まれます。この市場の収益には、博物館、史跡、動物園、公園への入場料が含まれます。また、博物館、史跡、動物園、公園内にあるショップやオンラインカフェからのコミッションやレンタル料も含まれます。一方、団体間で工芸品や動物を取引することで得られる収入は含まれません。

博物館とは、美的、文化的、歴史的、科学的に意義のある芸術品やその他のものを収蔵・展示する建造物や施設をいいます。史跡とは、政治的、軍事的、文化的、社会的な歴史の一部を文化遺産として保存する公的な場所です。動物園とは、様々な生きた動物を囲い込み、研究目的で公開する施設です。国立公園は、自然環境を保護するための場所であり、また、公共のレクリエーションや娯楽活動にも参加しています。国立公園では、風景、植物、動物が自然のまま存在しています。2022年の博物館、史跡、動物園、公園市場は、北米が最大で、東欧は今後最も成長する地域となる見込みです。

博物館とは、美的、文化的、歴史的、科学的に意義のある芸術品やその他のものを収蔵・展示する建造物や施設のことです。様々な収入源として、チケット、飲食物、その他があります。博物館、史跡、動物園、公園を訪れるのは、25歳以下、25~39歳、40~59歳、60~74歳、75歳以上など、さまざまな年齢層の男女で、美術主催者、博物館、動物園は、拡張現実(AR)技術を利用して、入場者にリアルな体験を提供しています。拡張現実とは、デジタル情報をユーザーの環境とリアルタイムに統合することです。博物館や動物園では現在、ビジュアルツアーガイドを作成し、現実世界のカメラビューで3Dコンテンツを表示し、観客を教育し楽しませるツールとして拡張現実を利用しています。例えば、クリーブランド美術館では、拡張現実技術を利用して、ユーザーが美術館にあるすべての作品に関する最新かつ包括的な情報に対話しながらアクセスできるようにしています。ギリシャのアテネにあるアクロポリス博物館では、AR技術を使って、建築物や彫刻の遺構のコレクションに命を吹き込んでいます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]