書籍出版社の市場規模、2027年に978億4000万米ドル到達予測

書籍出版社の市場規模は、2022年の890億9000万米ドルからCAGR2.6%で成長し、2023年に913億9000万米ドルとし、さらに、2027年には978億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

書籍出版社市場は、書籍の制作や流通に必要なデザイン、編集、マーケティング活動などのサービスを提供する事業者が得る収益で構成されています。これらの事業所は、印刷物、電子書籍、オーディオの形態で書籍を出版することができます。その製品には、地図帳、宗教書、学校または大学の教科書、百科事典、技術マニュアル、地図、旅行ガイドなどが含まれます(ただし、独占的なインターネット出版は除きます)。書籍出版社とは、書籍、雑誌、版画、コンピューターソフトウェアなどを出版する個人または企業を指します。2022年の書籍出版社市場は、アジア太平洋地域が最大で、中東は最も急速に成長する地域になることが予想されています。

書籍出版社の主な種類は、消費者向け書籍、教育用書籍、宗教用書籍です。消費者向け書籍とは、一般消費者向けに販売される書籍のことです。小説、料理、児童書、伝記など、さまざまな種類の文学が提供されています。年齢層は12歳以下、13歳以上18歳未満、18歳以上と分かれており、オンラインやオフラインなどのチャネルで販売されています。

電子書籍は、米国や欧州の既存市場で急成長しており、その売上は物理的な印刷物よりも高い割合を占めています。PWCによると、世界の書籍出版社の総収入は増加し、2023年までの間CAGR1.7%で成長するとされています。これは、物理的な書籍出版社の業界がCAGR2.8%減で縮小するのに対し、電子書籍はCAGR 11.7%で成長すると予測されている事に起因しています。デジタル版に対する消費者の嗜好の高まりは、この期間の市場成長に大きな影響を与えると予想されます。

COVID-19の流行は、2020年から2021年にかけてビジネスに悪影響を及ぼしました。一方、多くのメディアは、デジタルチャネルを通じて遠隔地からコンテンツを発信しているため影響を受けず、むしろその恩恵を受けたとも言えます。書籍出版社市場は、「ブラックスワン現象」であり、市場や世界経済の継続的・根本的な弱点とは関係がないため、今後このショックから回復することが予想されます。

POD(プリント・オン・デマンド)モデルは、印刷コストや在庫コストをコントロールできるため、書籍出版社の間で普及しています。POD(プリント・オン・デマンド)モデルは、注文が確保されてから印刷するのが特徴です。出版コストの高騰により、作家や出版社は作品をデジタル形式で残すことを好んでいます。主なプリントオンデマンドブックサービスプロバイダーには、Blurb、CreateSpace、Lightning Source、Luluがあります。アマゾンもPOD技術を完全に統合することを目指し、注文から2時間以内に本を印刷することを約束しています。この技術により、最も恩恵を受けるのはセルフパブリッシャーです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]