病院・外来ケアセンターの市場規模、2027年に5兆2035億7000万米ドル到達予測

病院・外来ケアセンターの市場規模は、2022年の4兆198億米ドルからCAGR6.0%で成長し、2023年に4兆2626億2000万米ドルとし、さらに、2027年には5兆2035億7000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

病院・外来ケアセンター市場には、プライマリーケア、緊急ケア、短期医療処置、診断検査サービスなどの提供により事業体が得る収益が含まれます。病院や外来患者ケアセンターは、患者が医療のために宿泊する必要のない施設で、透析など、居住を必要としない医療サービスを提供するために使用されます。2022年の病院・外来患者ケアセンター市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は2番目に大きな市場となりました。

病院・外来ケアセンター市場は、様々な病状の患者に診断や治療を提供することに従事している事業体(団体、個人事業主、パートナーシップ)による病院や外来診療サービスの販売で構成されています。クリニックは、病院や医療施設での宿泊を必要としない医療や治療を提供します。外来診療は、診療所や病院で行われることがあります。

主な施設には、病院と外来患者ケアセンターがあります。外来患者ケアセンターでは、外来患者はこの時点ではベッドを必要としない、入院を必要としない診断や治療を目的とした病院のセクションです。サービスの種類は、男性と女性が利用するパブリックとプライベートが含まれます。

発展途上国における医療サービスへのアクセスの改善が期待されています。インド、中国、ラテンアメリカの国々など、多くの発展途上地域における医療アクセスの改善の主な目的は、保健計画の効果的な実施にあります。医療アクセスの改善につながる国別の医療改革としては、中国の都市住民基本医療保険と新しい農村協同医療保険制度、ブラジルの統一医療制度、メキシコの大衆医療保険などが挙げられます。医療サービスへのアクセス向上は、病院・外来ケアセンター市場の主要な促進要因になると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]