航空宇宙の市場規模、2027年に3584億4000万米ドル到達予測

航空宇宙の市場規模は、2022年の2611億2000万米ドルからCAGR6.6%で成長し、2023年に2784億3000万米ドルとし、さらに、2027年には3584億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

航空宇宙市場は、民間航空機、航空機部品、MROサービス、航空宇宙機器サポートの販売で構成されています。航空宇宙は、民間航空機の生産、航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービス、民間および商業目的のレーダー、航空管制塔、人工衛星などの製品サポートおよび補助装置を含む一連の活動を指します。航空宇宙産業は、プロトタイプの開発、商業目的の航空機および航空機部品の製造または組み立てに携わる企業で構成されています。また、民間航空機の改造や転換、修理、部品交換、完全なオーバーホールやリビルドを行う企業もこの業界に含まれます。企業が製造する航空機の種類には、グライダー、ヘリコプター、ドローン、超軽量航空機、旅客機、プライベートジェット機などがあります。2022年の航空宇宙市場は、北米が最大で、同時に最も急速に成長する地域となる見込みです。

航空宇宙の主な種類は、民間航空機、航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービス、航空宇宙サポート、および補助装置です。航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールサービスには、ヘリコプター、グライダー、ドローン、航空機タービン、航空機エンジン、ロケットエンジンなどの民間航空機のメンテナンス、修理、オーバーホールが含まれます。様々なサイズには、ワイドボディ、ナローボディ、リージョナルなどがあり、自律モードとマニュアルモードで運用されます。航空宇宙は、政府および民間セクターで使用されています。

新興国における経済成長の結果、可処分所得が増加し、航空機の需要に好影響を及ぼしています。国際通貨基金(IMF)は、2021年の世界のGDP成長率は5.4%であると述べています。新興国市場は、安定した成長を記録する先進国市場よりも速い成長を続けると予想されています。安定した経済成長は、国家の安全保障に対する投資を増加させ、今後の航空宇宙市場を牽引することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]