上下水道の市場規模、2027年に8861億4000万米ドル到達予測

上下水道の市場規模は、2022年の6358億8000万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2023年に6836億8000万米ドルとし、さらに、2027年には8861億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

上下水道市場には、家庭用下水、工業用下水、雨水、処理済み下水、未処理下水によって事業体が得る収益が含まれます。上下水道は、家庭や工場から排出される糞便や汚水などの廃棄物を含み、下水道を通じて流出します。汚水は、雨水の流入や人間の活動によって発生する汚染された水のことです。下水は、有害な細菌、汚染物質などがすべて除去されるように、処理の過程でいくつかの段階を経ています。2022年の上下水道市場は、アジア太平洋地域が最大で、北米は2番目に大きな市場となりました。

上下水道の主な種類は、給水・灌漑設備、汚水処理設備、蒸気・空調供給です。下水処理とは、下水から不純物を取り除き、環境への廃棄や再利用に適した排水を生成し、生ごみの排出による水質汚染をなくす排水処理のことです。事業者の種類には、公共事業者と民間事業者があり、住宅、商業、工業など様々な分野で利用されています。

水処理プラントでは、プラント内のエネルギー消費量を削減するために、エネルギー効率の高い技術が使われています。水資源の回収には、膜通気バイオフィルム反応器(MABR)や高度な嫌気性消化槽などのエネルギー効率の高い技術が役立っています。高度消化槽でバイオガスを作り、そのバイオガスをレシプロガスエンジンで電気に変えることで、工場のエネルギーニュートラル化を実現します。例えば、アイルランドの水処理会社OxyMem社で採用されているMABR技術は、従来の廃水処理技術に比べて75%の効率化を実現しています。

従来の廃水処理プラントでは、微量汚染物質の処理に先進的な技術が使われています。微量汚染物質とは、医薬品の残留物、家庭用化学物質、パーソナルケア製品、農薬に由来する汚染物質です。廃水から微量汚染物質を除去するために、移動床バイオフィルム反応器(MBBR)、オゾンによる高度酸化、吸着、粉末活性炭(PAC)などの技術が使用されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]