施設支援サービスの市場規模、2027年に2618億7000万米ドル到達予測

施設支援サービスの市場規模は、2022年の1659億5000万米ドルからCAGR10.4%で成長し、2023年に1831億5000万米ドルとし、さらに、2027年には2618億7000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

施設支援サービス市場は、施設内での支援サービスを実行するための運営スタッフを提供することによって、事業体が得る収益で構成されています。施設支援サービスの例としては、清掃、メンテナンス、ゴミ処理、警備、郵便物の受け取り、受付、ランドリー、施設内の業務をサポートする関連サービスなどがあります。

施設支援サービスとは、施設内で様々なサポートサービスを実施するための運営要員を供給し、建物、敷地、インフラ、不動産の機能性、安全性、持続可能性をサポートする管理サービスのことを指します。2022年の施設支援サービス市場は、西ヨーロッパが最大で、アジア太平洋地域は2番目に大きな市場となりました。

施設支援サービスの種類は、メンテナンスサービス、セキュリティ&ガードサービス、受付サービス、その他です。施設、建築物、構造物、不動産の定期的なメンテナンス、改修、交換は、メンテナンスサービスに属します。また、オンライン、オフライン、オンプレミス、クラウドなど、さまざまな展開形態があります。

施設支援活動企業は、候補者を効果的に採用・管理するために、テクノロジーの活用をすすめています。これらのテクノロジーは、受動的な活動の追跡、電子メールプラットフォームとの統合、候補者データベースの管理などの機能を提供し、人材紹介の質を向上させ、採用にかかる時間を短縮することで、顧客との関係を強化することができます。採用分析ソフトウェアは、人材派遣会社にとって有益なビジネス上の洞察も提供します。例えば、北米では、64%の企業が応募者追跡システム(ATS)などのテクノロジーを使って候補者の活動を追跡し、約60%の企業がビジネス開発に顧客関係管理(CRM)システムを使用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]