リースの市場規模、2027年に2兆4246億2000万米ドル到達予測

リースの市場規模は、2022年の1兆5199億米ドルからCAGR10.2%で成長し、2023年に1兆6743億9000万米ドルとし、さらに、2027年には2兆4246億2000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

リース市場は、乗用車レンタル、消費財レンタル、一般レンタル、建設機械レンタルなど、さまざまな有形財のリースサービスを提供する事業者が得る収益で構成されています。なお、この市場には住宅リースは含まれていません。

リースとは、個人、企業、その他の事業体が、土地、車両、その他の財産を一定期間使用するために支払う金融取引です。リースに関連する現金支出および支払は数年にわたり分散されるため、1回限りの多額の現金支払の負担がなく、企業は安定したキャッシュフローを維持することができます。2022年のリース市場は、アジア太平洋地域が最大で、北米は、2番目に大きな市場となりました。

リースの主な種類は、自動車機器リース、消費財、一般レンタルセンター、機械リース、非金融無形資産の貸手などがあります。自動車機器リース業界には、乗用車、トラックトラクター、ユーティリティトレーラー、バス、セミトレーラー、トラック、レクリエーショナルビークル(RV)、乗用車バンなど、運転手のいない車両をレンタルまたはリースする事業者が含まれます。その形態には、オンライン、オフラインがあり、クローズドエンド型リース、リース購入オプション、サブベント型リースなど、さまざまなリース形態があります。

リースサービスプロバイダーの主要顧客である新興企業の出現は、市場を牽引することが予想されます。コスト効率と、高価格になりがちな先端機器の取得の必要性から、新興企業は機器のレンタルやリースを開始しました。また、新興企業の増加も市場にプラスの影響を与えると予想されます。例えば、産業・内需振興省のレポートによると、2020年から2021年の間にインドでは1万6000社の新興企業が誕生し、リース市場にとって顧客拡大や収益獲得の新たな機会が期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]