冷凍食品の市場規模、2027年に3173億4000万米ドル到達予測

冷凍食品の市場規模は、2022年の2270億1000万米ドルからCAGR7.8%で成長し、2023年に2446億7000万米ドルとし、さらに、2027年には3173億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

冷凍食品市場は、冷凍フルーツ、冷凍ジュース、冷凍野菜、冷凍ディナー、アントレ、冷凍サイドディッシュ、冷凍ピザ、冷凍ホイップトッピング、冷凍ワッフル、冷凍パンケーキ、フレンチトースト、その他冷凍食品の販売で構成されています。肉製品、アイスクリーム、フローズンデザートは対象外です。冷凍食品業界の企業は、製品をパッケージングし、様々な流通経路を通じて個人顧客や商業施設に配布しています。冷凍食品は、冷凍工程によって保存され、調理前に必要な温度で冷凍庫に保存される食品と定義されます。2022年の冷凍食品市場は、アジア太平洋が最大で、北米は2番目に大きな市場となりました。

冷凍食品の主な種類は、冷凍フルーツ、ジュース、野菜、冷凍特殊食品です。冷凍果物は、熟度の高いものを選別した後、窒素環境下で急速冷凍して包装したものです。そのユーザーには外食産業や小売業が含まれ、スーパーマーケットやハイパーマーケット、コンビニエンスストア、Eコマースなど、多様な経路で流通しています。

冷凍食品市場の成長は、多くの先進国や発展途上国で予測される安定した経済成長に牽引されています。国際通貨基金(IMF)によると、世界のGDP成長率は2020年に3.3%、2021年に3.4%に達しました。歴史的な期間に大きく下落した商品価格の回復が、市場の成長をさらに後押しすると予想されます。また、先進国経済の安定した成長とともに、新興国市場は、今後、より速いペースで成長を続けると予想されます。安定した経済成長は、エンドユーザー市場への投資を増加させ、同市場の成長を牽引するものと予想されます。

冷凍食品メーカーは、冷凍食品の歩留まりと品質を向上させるために、IQF(Individual Quick Freezing)などの技術を利用しています。IQF法では、ベルトコンベア上の個々の食品をブラストフリーザーに移し、急速凍結させます。また、バラ凍結やブロック凍結とは異なり、1つ1つの食品を個別に凍結することで、歩留まりが1.5~3%向上し、栄養価が高く、無駄の少ない高品質な製品を作ることができます。IQF食品の例としては、ブルーベリー、イチゴ、桃などの果物や、トウモロコシ、エンドウ豆、インゲン豆などの野菜が挙げられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]