ノンアルコール飲料の市場規模、2027年に7417億米ドル到達予測

ノンアルコール飲料の市場規模は、2022年の5560億1000万米ドルからCAGR6.5%で成長し、2023年には5922億2000万米ドルとし、さらに、2027年には7411億7000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

ノンアルコール飲料市場は、焙煎コーヒー、濃縮コーヒー、コーヒーエキス、香料、シロップ、インスタントティー、ブレンドティー、濃縮ティー、ハーブティー、ティーエキス、炭酸飲料、アイスフレーク、アイスキューブ、アイスナゲット、ボトルウォーター、RTD(Ready to Drink) 紅茶・コーヒー、ジュース・濃縮ジュース、機能性飲料の販売からなります。ノンアルコール飲料業界の企業は、原材料をノンアルコール飲料に加工し、パッケージングして様々な流通経路を通じて個人顧客や商業施設に流通させています。ノンアルコール飲料とは、アルコールを全く含まないか、アルコール度数が0.5%未満の飲料を指します。2022年のノンアルコール飲料市場は、アジア太平洋地域が最大となり、西ヨーロッパは、2番目に大きな市場となりました。

ノンアルコール飲料の主な種類は、コーヒー、紅茶、ソフトドリンク、氷です。コーヒーは焙煎したコーヒー豆から調製される醸造飲料で、紅茶はカメリアシネンシスの硬化または生の葉に熱または熱湯を注いで調製される芳香飲料です。製品は、オフトレード チャネルとオントレード チャネルを通じて入手できます。 さまざまなカテゴリーには、マスとプレミアムがあります。

世界人口は増え続けており、2050年には100億人に達すると予想されています。人口の増加は、より多くの食品に対する需要を生み出します。米国栄養学会によると、砂糖入り飲料の消費量はメキシコが最大であったと報告しています。人口の増加に対応するためには、農作物の生産量、農業活動、貿易量が増加する必要があります。ノンアルコール飲料市場は、人口増加に伴い食品・飲料製品の需要増加の恩恵を受けることが期待されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]