保険の市場規模、2027年に8兆6038億米ドル到達予測

保険の市場規模は、2022年の5兆9467億4000万米ドルからCAGR8.7%で成長し、2023年に6兆4662億3000万米ドルとし、さらに、2027年には8兆6038億米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

保険市場は、年金や保険契約の引受(リスクを引き受け、保険料を割り当てること)を行う事業者による保険商品の販売で構成されています。保険会社は、保険料を投資して金融資産のポートフォリオを構築し、将来の保険金請求に備えます。直接保険業者は、年金や保険契約の元引受とリスク引受に従事する事業者です。再保険業者は、他の保険会社(ダイレクト保険業者)が引き受けた既存の保険契約や一連の保険契約に関連するリスクの全部または一部を引き受ける事業者です。保険業界は、保険会社のビジネスモデルに基づいて分類されます。保険会社によっては、金融やその他のサービスを提供する場合もあります。拠出金と保険料は、経験表から得られるリスク要因に基づく確率的な支払額と、積立金の予想投資収益に基づく保険数理計算に基づいて設定されます。市場の価値は、商業用および個人用の被保険者が支払った保険料に基づいています。

保険とは、個人または団体が保険会社から金銭的な保護または損害賠償・補償を受ける契約です。2022年の保険市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は、2番目に大きな市場になりました。

保険の主な種類は、生命保険、損害保険、健康・医療保険です。生命保険は、人の一生の重要な給付パッケージをカバーする保険の一種です。オンラインとオフラインモードがあり、企業や個人のエンドユーザーに利用されています。

インターネット普及率の急速な伸びと、重要な取引におけるインターネット利用に伴うリスクの増大が、サイバー保険の需要を押し上げています。サイバー保険は、インターネットを利用したリスクや情報技術インフラに関連するリスクをカバーします。また、財産の盗難、事業の中断、ソフトウェアやデータの損失、サイバー恐喝、ネットワーク障害責任、サイバー犯罪、物理的資産の損害などもカバーします。例えば、インドの政府機関であるNational Health Authority of Indiaによると、2021年、インドのモバイル接続数は11億8000万件、スマートフォンは6億件、インターネットユーザーは7億件に達し、四半期ごとに2500万人ずつ増加しています。インターネット普及率の急激な伸びと、インターネット利用に伴うリスクの増大が保険市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]