貸出・決済の市場規模、2027年に13兆4151億2000万米ドル到達予測

貸出・決済の市場規模は、2022年の8兆7211億6000万米ドルからCAGR9.9%で成長し、2023年に9兆5854億8000万米ドルとし、さらに、2027年には13兆4151億2000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

貸出・決済には、借り手である事業者に有担保または無担保のローンを提供することによる収益、決済や送金サービスなどが含まれます。貸出・決済業界は、業界内に存在する企業のビジネスモデルに基づいて分類されます。貸出サービスを提供する企業の中には、金融サービスやその他のサービスを提供する場合もあります。貸出・決済サービスの収益には、貸出金利、取引にかかるマージンや手数料が含まれ、貸出や返済の価値そのものではありません。

貸出とは、個人または組織が、後に利息をつけて返済するという合意と引き換えに、一定の金額を使用することを許可する行為であり、通常は利息が発生します。支払手段とは、信用機関、支払機関、または同様の機関の口座にある資金を、支払命令を受けて受取人に送金するシステムです。2022年の貸出・決済市場は、西ヨーロッパが最大で、アジア太平洋地域は、2番目に大きな市場となりました。

貸出・決済の主な種類は、貸出、カード、決済です。カードと支払いは、さまざまな種類のカードによる支払いプロセスを指します。貸出チャネルは、オフライン、オンラインチャネルがあり、B2BおよびB2Cのエンドユーザーによって使用されます。

人工知能は、企業がデータを合成して顧客体験を向上させることができるため、決済分野でも注目されています。人工知能とは、人間の知能を利用してタスクを実行できるコンピュータシステムの開発を指します。決済企業は、処理時間の短縮、ミスのない洞察、自動化の促進など、AIによって業務効率を向上させることができます。多くの銀行やノンバンクでは、AIアプリケーションを使用して、決済メッセージの時点から決済ゲートウェイまでの決済トランザクションを監視しています。例えば、AI対応アプリケーションのチャットボットは、顧客の言語を理解し、顧客の問い合わせにリアルタイムで対応できるため、決済会社で採用されています。AI機械学習は、不正検知の向上や虚偽取引の削減に広く活用されています。例えば、Economist Intelligence Unitの最新の採用調査によると、金融サービス機関の54%が顧客との関係強化のために決済にAIを採用していると言われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]