キャンピングカーの市場規模、2027年に2135億6000万米ドル到達予測

キャンピングカーの市場規模は、2022年の1536億6000万米ドルからCAGR7.6%で成長し、2023年に1653億3000万米ドルとし、さらに、2027年には2135億6000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

キャンピングカー市場は、クラスA、クラスB、クラスCのキャンピングカーの販売で構成されます。キャンピングカーとは、レクリエーション・キャンプや旅行を目的とした一時的な居住空間を提供するために、自走式自動車のシャーシ、バン、または自動車全体の重要な構成要素であるシャーシ・キャブ上に構築されるか、その上に恒久的に取り付けられる、車両設計されたユニットを表す用語です。2022年のキャンピングカー市場は、アジア太平洋地域が最大で、西ヨーロッパは2番目に大きい市場となりました。

キャンピングカー市場の主な種類は、自給式キャンピングカー、バン、ミニバン・コンバージョンです。バンとミニバンは、キャンプ中に寝泊まりする際の通常のミニバンを指します。キャンピングカー市場の用途には、住宅用と商業用があり、これらはフリート所有者と直接購入者によって使用されます。

キャンピングカー製造業界における最も重要なトレンドのひとつは、ソーラーパネルとバッテリーパックを動力源とする電気キャンピングカーである、ソーラーパワーキャンピングカーの登場です。Dethleffs社は、ソーラーパネルとバッテリーパックを動力源とするキャンピングカー「e-home」を発表しました。同社は、航続距離100マイルを実現し、DC急速充電と電気自動車充電レベル2の両方に対応できるとしています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]