電気・電子の市場規模、2027年に4兆9869億1000万米ドル到達予測

電気・電子の市場規模は、2022年の3兆4549億4000万米ドルからCAGR8.2%で成長し、2023年に3兆7393億7000万米ドルとし、さらに、2027年には4兆9869億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

電気・電子市場は、フォトレジストおよびフォトレジスト付属品、超伝導体、光電センサー、自動車用DC-DCコンバーター、表面検査、温度センサー、指紋センサー、量子ドット、タッチパネルコントローラ、トルクセンサー、圧力センサー、シリコンフォトニクス、自動車ワイヤーハーネス、その他電気・電子部品の売上で構成されています。

電気・電子は、電力を発生、分配、使用する製品、またはオーディオ、ビデオ、半導体などの電子製品を生産しています。この市場には、コンピュータ、コンピュータ周辺機器、電気通信機器は含まれません。2022年の電気・電子市場は、アジア太平洋地域が最大で、北米は、2番目に大きな市場となりました。

電気・電子の主な種類は、電気機器、計測・制御機器、電子製品です。特別低電圧以上の電圧で電気を制御、発電、供給、変圧、伝送するために使用される、または特別低電圧以上の電圧で電気を供給される器具、機器、ケーブル、導体、継手、絶縁体、材料、メーター、ワイヤーは、電気機器と見なされます。機器は、オンラインおよびオフラインのモードを通じて操作されます。販売チャネルには、B2BおよびB2Cのエンドユーザーによって使用されるOEMやアフターマーケットが含まれます。

エレクトロニクス技術の急速な革新は、より新しく、より速い電気・電子製品への一貫した需要を刺激しています。技術開発は、消費者とビジネスユーザーの双方を惹きつけ、旧製品から先進的な製品への買い替えやアップグレードを促す重要な要素となっています。モノのインターネット(IoT)や5Gなどの最新の通信技術などのデジタル技術は、革新的な電子製品の開発を助けることが期待されています。これにより、今後の電子機器製造市場の成長を促進する電子製品への需要が増加することが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]