チャットボットの市場規模、2027年に181億1000万米ドル到達予測

チャットボットの市場規模は、2022年の54億4000万米ドルからCAGR27.1%で成長し、2023年に69億2000万米ドルとし、さらに、2027年には181億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国への、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

チャットボット市場には、メニュー/ボタンベースのチャットボット、言語ベース(ルールベースのチャットボット)、キーワード認識ベースのチャットボット、機械学習チャットボット、ハイブリッドモデル、音声ボット、予約スケジュールまたは予約チャットボット、カスタマーサポートチャットボットを提供することによって事業体が得る収益が含まれます 。

チャットボットは、文字や音声による人間の対話をシミュレートして解釈するコンピュータプログラムであり、ユーザーは実際の人間と対話するのと同じようにデジタルガジェットと対話することができます。チャットボットには、簡単な質問に答える一行プログラムから、データを収集・処理しながら学習・適応し、ますますパーソナライズされた体験を生み出す高度なデジタルアシスタントまで、さまざまな種類があります。2022年のチャットボット市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は、予測期間中に最も成長する市場となる見込みです。

チャットボットの主な種類は、テキスト、音声、ハイブリッドです。テキストボットは、会話や自動化されたタスクを実行できるソフトウェアツールと定義されています。特定のトリガーや顧客の反応に含まれるキーワードに基づいて自動テキストや返信を送信することで、企業の顧客との関わりを支援します。さまざまなコンポーネントにはソリューションとサービスがあり、スタンドアロン、ウェブベース、メッセンジャーベース/サードパーティなど、さまざまなプラットフォームが関係して、オンプレミスまたはクラウドで展開され、BFSI、ヘルスケア、IT・通信、小売、旅行・ホスピタリティ、その他のエンドユーザーで採用されています。

スマートフォン利用者の増加により、今後、チャットボット市場の成長が促進されることが予想されます。スマートフォンは、携帯電話ネットワークへの接続を提供する電気機器です。チャットボットは、ウェブサイト、メッセージングアプリケーション、またはモバイルアプリを通じて、自然言語でユーザーとの会話をシミュレートすることができます。携帯電話では、チャットボットはユーザーのさまざまなニーズに対して仮想的な支援を提供することができます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]