OTRタイヤの市場規模、2027年に228億4000万米ドル到達予測

OTRタイヤの市場規模は、2022年の148億2000万米ドルからCAGR11.0%で成長し、2023年に164億4000万米ドルとし、さらに、2027年には228億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシアとウクライナの戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

OTRタイヤ市場は、コンパクター、グレーダー、土木、ローダー、ブルドーザーの販売で構成されます。OTRタイヤは、困難な地形を頻繁に走行する車両が、大量の重量を支えられるように設計されています。2022年のOTRタイヤ市場は、アジア太平洋地域が最大で、北米は今後最も成長する市場になることが予測されています。

OTRタイヤの主な種類は、ラジアルタイヤ、バイアスタイヤ、ソリッドタイヤです。ラジアルタイヤは、プライがタイヤの周囲をビードからビードへと放射状に走るタイヤで、そのスチールベルトはトレッドラインに対して90度の角度で走っています。これにより、タイヤのサイドウォールとトレッドが別々に機能します。さまざまな工程には、プリキュアとモールドキュアがあり、その車両タイプには、ローダー、ダンプトラック、グレーダー、クレーン、ダンプカー、トラクター、フォークリフトなどがあります。販売チャネルには、相手先商標製品メーカーやアフターマーケットなどがあり、エンドユーザーは、建設・鉱山、工業、農業など多岐にわたります。

日々の活動における農業機械の使用は、OTRタイヤ市場の今後の成長を促進することが予想されます。農業機械とは、農作業のために使用される機械のことです。人件費高騰による自動化へのシフトが機械稼働時間を増加させおり、農業用トラクターなど機械の使用増加につながっています。OTRタイヤを使用したトラクターやローダーの農業現場での採用が増加していることは、OTRタイヤ市場にプラスの影響を与えています。例えば、インドを拠点とする新聞社economic timesが実施した調査によると、2021年のトラクターの国内販売台数は9000台で、インドでは100万台のトラクターが輸出されました。これによりトラクターの販売台数は5%から6%に増加しました。そして2022年には95万台の国内販売が見込まれています。日々の活動における農業機械の使用がOTRタイヤ市場を牽引しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]