サブスクリプションeコマースの市場規模、2027年に1兆4821億1000万米ドル到達予測

サブスクリプションeコマースの市場規模は、2022年の1194億米ドルからCAGR64.4%で成長し、2023年に1963億5000万米ドルとし、さらに、2027年には1兆4821億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

サブスクリプションeコマース市場には、補充/消耗品サブスクリプションモデル、キュレーションサブスクリプションモデル、バーゲン/アクセスサブスクリプションモデル、固定サブスクリプションモデル、無制限サブスクリプションモデル、ペイアズユーゴースクリプションモデル、プレミアム会員サブスクリプションモデルによって事業体が得る収益が含まれています。サブスクリプションeコマースでは、顧客がウェブサイトやアプリを購読することで、企業は商品やサービスを定期的に提供することができます。サブスクリプションサービスは、ビジネスに、定期的なキャッシュフロー、顧客維持率の向上、事業成長の意思決定の改善などのメリットをもたらします。2022年のサブスクリプションeコマース市場は、北米が最大となり、アジア太平洋地域は、最も急速に成長する地域となりました。

サブスクリプションEコマース市場におけるサブスクリプションの主な種類は、サービスサブスクリプション、サブスクリプションボックス、デジタルコンテンツサブスクリプション、およびその他です。サービスサブスクリプションeコマースは、サービスベースのサブスクリプションモデルで、ユーザーが定期的に必要とするサービスのみを購読して支払うことができる、最も一般的に利用されているものです。サブスクリプションeコマースは、オンラインとオフラインのモードを通じて支払われ、女性、男性、子供によって利用されています。美容・パーソナルケア、食品・飲料、衣料・ファッション、エンターテインメント、健康・フィットネスなど、サブスクリプションeコマースを利用する業界は多岐にわたります。

オンラインショッピングの急速な普及が、今後のサブスクリプションeコマース市場の成長に寄与すると考えられます。小売店での購入よりもオンラインショッピングの方がメリットがあるため、消費者の嗜好はオンラインショッピングにシフトしており、特に特典が付加された定期購入を選択する消費者が増えています。顧客がオンラインショッピングを好む理由は、利便性の向上、店舗訪問への依存度の低減、移動コストの低減、市場スペースの拡大、諸経費の低減、商品・サービスに関する詳細情報の提供と価格比較の実現、幅広い商品群での入手、顧客満足、混雑がないなどです。例えば、2021年、米国商務省国勢調査局は、第2四半期における米国の小売eコマースの売上高を2225億米ドルと推定し、前四半期から3.3%増加させたと発表しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]