植物工場の市場規模、2027年に1581億6000万米ドル到達予測

植物工場の市場規模は、2022年の1127億1000万米ドルからCAGR7.2%で成長し、2023年に1208億7000万米ドルとし、さらに、2027年には1581億6000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱などを引き起こし、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

植物工場市場には、水耕栽培アクアポニックス、エアロポニックス、垂直植栽などのサービスを提供する事業体が得る収益が含まれます。植物工場とは、バイオインフォマティクスと産業用オートメーションの活用により、作物生産を新しいモデルに変えるために設計された農業生産システムのことで、植物の生育環境を人工的に制御することで、最高の収穫量、収穫密度、財務的インパクトを実現するシステムです。植物工場では、光、水分、温度、二酸化炭素の濃度を人工的に制御して植物や野菜を栽培しています。2022年の植物工場市場は、西ヨーロッパ地域が最大となりました。

植物工場の主な施設タイプは、温室、屋内農場などがあります。屋内農場とは、植物や作物を室内で大規模に栽培する方法で、水を循環させて再利用することが出来ます。植物工場で使用される光の種類は、太陽光と完全人工光で、果物、野菜、花などの作物を栽培するために使用されます。

人口増による食糧需要の増加と気候変動への挑戦は、植物工場市場の成長に大きく寄与しています。世界の人口と食糧需要は増加しており、土壌肥沃度、人口動態の変化、気候変動、害虫の発生による収量の減少は、作物を育てるための新しい植物工場手法の採用に成長をもたらしています。例えば、2020年11月、国際応用システム分析研究所(IIASA)が発表した研究によると、2010年から2050年の間に食料需要は56%増加すると予想されています。さらに、現在、40%が乾燥地帯である陸地は、気温の上昇や気候変動によりさらに砂漠化が進み、食料生産が減少することが予想されています。

植物工場市場で事業を展開する主要企業は、植物の成長を最適化し生産性を向上させるために、LED栽培光、AI、機械学習、動的資源配分、エッジコンピューティングなどのさまざまな革新的技術やテクノロジーを導入し、市場での地位を強化すべくイノベーションの提供に力を入れています。例えば、2020年9月、ベルギーを拠点とする屋内垂直農業ソリューションの開発・製造会社であるUrban Crop Solutionsは、垂直農業運営における既存の課題に対抗する垂直屋内農業システム「ModuleX Plant Factory」を発表しました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]