3Dプリンティング材料の市場規模、2027年に48億米ドル到達予測

3Dプリンティング材料の市場規模は、2022年の16億5000万米ドルからCAGR28.3%で成長し、2023年に21億1000万米ドルとし、さらに、2027年には48億米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えました。

3Dプリンティング材料市場は、樹脂、炭素繊維、グラファイト、紙、材料押出、シートラミネートの販売で構成されています。3Dプリンティング材料とは、付加製造法を用いてデバイスや部品の3Dモデル、製品、プロダクトを作成する3Dプリンティング物質の一種で、3Dプリンティングプロセスにおいて、プラスチックやガラスなどの試作品や部品を作成するために使用されます。2022年の3Dプリンティング材料市場は、北米が最大となり、アジア太平洋が最も成長する市場となる見込みです。

3Dプリンティング材料の主な種類は、ポリマー、金属、セラミックなどです。金属3Dプリンティングとしてよく知られている金属積層造形は、3D空間でアモルファス粉末金属を焼結または溶融して、任意の構造を作ることで構築されます。その技術には、溶融堆積法(FDM)、選択的レーザー焼結法(SLS)、ステレオリソグラフィー(SLA)、直接金属レーザー焼結法(DMLS)などがあり、粉末、フィラメント、液体などさまざまな形態で提供されています。3Dプリンティング材料は、自動車、ヘルスケア、航空宇宙・防衛、消費財、建設など、さまざまな分野で使用されています。

自動車産業における3Dプリンティング材料の需要の高まりは、3Dプリンティング材料市場の成長を促進することが予想されます。3Dプリンティング技術は、迅速なプロトタイプの製造能力から始まり、自動車部品の広範な製造、そして、最終的には実質的な自動車全体の3D製造まで、自動車分野における驚くべきブレークスルーを可能にしました。自動車業界は3Dプリンティングを受け入れ、その機能を定期的に活用するようになってきています。例えば、米国の業界誌「Machine Design」によると、自動車業界は2021年までに3Dプリント材料に約5億3000万米ドルを費やすと予想されています。自動車産業における3Dプリンティング材料の需要の増加は、同市場の成長を促進します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]