ヘルスケア分析試験サービスの市場規模、2027年に94億1000万米ドル到達予測

ヘルスケア分析試験サービスの市場規模は、2022年の48億6000万米ドルからCAGR16.2%で成長し、2023年に56億5000万米ドルとし、さらに、2027年には94億1000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済の回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

ヘルスケア分析試験サービス市場には、環境モニタリングサービスなどのサービスを提供することで得られる収益が含まれます。ヘルスケア分析試験サービスとは、創薬・開発、最終製品、生物学的製剤、懸濁液、乳化液中の微生物の検出などに使用される手順の妥当性を確認するプロセスを指します。2022年のヘルスケア分析試験サービス市場は、北米が最大で、アジア太平洋地域は最も成長する地域となる見込みです。

ヘルスケア分析試験サービスの主な種類は、バイオ分析試験サービス、物理的特性評価サービス、メソッド開発およびバリデーション試験サービス、原材料試験サービス、バッチリリース試験サービス、安定性試験、微生物試験サービスなどがあります。生物分析検査サービスでは、医療機器を使用して薬物動態および薬力学の側面を提供し、薬理学および毒物学の研究で使用される血中および尿中の薬物および代謝産物の含有量を決定します。 生物分析とは、体液中の代謝産物を検出するプロセスを指します。 そのエンド ユーザーには、製薬会社やバイオ医薬品会社、医療機器会社、臨床研究機関などがあります。

慢性疾患の増加により、同市場が今後も牽引されるものと予想されます。慢性疾患とは、ヒトに3カ月以上持続する病気を指し、関節炎、喘息、がん、糖尿病などが含まれます。ヘルスケア分析試験サービスは、慢性疾患に苦しむ何百万人もの患者の診断と早期治療に不可欠です。例えば、インドを拠点とするオンラインニュース&メディアサイトFirstpostによると、インドの糖尿病患者は2025年までに1億3400万人になると予想されています。慢性疾患の患者数の増加が、ヘルスケア分析検査サービス市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]