ファストフードの市場規模、2027年に7721億7000万米ドル到達予測

ファストフードの市場規模は、2022年の6106億6000万米ドルからCAGR6.9%で成長し、2023年に6527億3000万米ドルとし、さらに、2027年には7721億7000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

ファストフード市場は、チキン、サンドイッチ、ハンバーガー、パスタ、ピザの販売で構成されています。ファストフードは、顧客に迅速かつ便利な食事の選択肢を素早く提供するために使用され、安価で入手できる調理の簡単な食品オプションです。その便利さと美味しさは、ファストフードの主なセールスポイントで、最近では、健康的な食材を加えることで、ファストフードの栄養価や健康性を向上させる取り組みが行われています。2022年のファストフード市場は、北米が最大となり、アジア太平洋地域が最も急速に成長することが予想されています。

ファストフードサービスの主な種類は、オンプレミス、デリバリー、テイクアウェイです。オンプレミスのファストフードサービス市場は、顧客に、料理と食事を楽しむ場所を提供するために使用されます。オンプレミスレストランは、顧客がリラックスし、素晴らしい雰囲気の中で美味しい食事を楽しめる機会を提供しています。ファストフードには、シーフード、中南米料理、チキン、サンドイッチ、ハンバーガー、パスタなどがあり、そのエンドユーザーには、クイックサービスレストラン、ファストカジュアルレストラン、その他があります。

レストランの増加は、ファストフード市場の成長を大きく牽引しています。レストランの基本的な目的は、飲食物を提供することです。ファストフードは調理に時間がかからないため、大口顧客に対応することができます。例えば、ソフトウェアや金融商品のレビューを行う米国のプラットフォームであるFinancesOnlineによると、米国では2021年時点で、1560万人を雇用するレストランの数は100万店を超え、チェーンレストランは10万1811店あるとされています。レストランやホテルの増加がファストフード市場の成長を牽引しています。

オンラインフードデリバリーの新しい進歩は、ファストフード市場で人気を博している主要なトレンドです。ファストフード市場で事業を展開する主要企業は、顧客のオンラインフードデリバリー体験を向上させるための新しい方法を打ち出しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]