エナジードリンクの市場規模、2027年に838億3000万米ドル到達予測

エナジードリンクの市場規模は、2022年の584億8000万米ドルからCAGR7.5%で成長し、2023年に628億9000万米ドルとし、さらに、2027年には838億3000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

エナジードリンク市場は、タウリン、高麗人参、ガラナエキス、グルクロノラクトン、糖類、L-カルニチン、ビタミンB群の売上で構成されています。エナジードリンクは、カフェイン、砂糖、ハーブエキス、タウリン、アミノ酸などの刺激性化合物を含む、10代から大人まで、精神的な覚醒や身体的なパフォーマンスを向上させる人気の栄養補助食品です。2022年のエナジードリンク市場は、北米が最大となり、アジア太平洋地域は最も急速に成長する市場となる見込みです。

エナジードリンクの主な製品タイプは、ドリンク、ショット、ミキサーです。エナジードリンクは、身体的パフォーマンスや精神的な覚醒度を高めるために、砂糖とカフェインを含んだ炭酸飲料で、コンビニエンスストア、スーパーマーケット/ハイパーマーケット、薬局/健康ショップ、オンライン小売店を通じて、缶やボトルなどに詰められ販売されています。

電子商取引のような新しい流通チャネルにおけるエナジードリンクの需要の増加は、エナジードリンク市場の成長を促進すると予想されます。eコマースなどの新しい流通チャネルにおけるエナジードリンクの需要は、いつでもどこでも買い物ができる利便性、スマートフォンの急速な普及、テクノロジーへの簡単で手頃なアクセス、競争力のあるオンライン価格などが理由で増加しています。Eコマースプラットフォームは、エナジードリンクを顧客に配布し、製品が時間通りに届くようにする上で重要な役割を担っているため、eコマースを好む傾向は、エナジードリンクの売上を大きく伸ばすことになると思われます。eコマースは、店舗に足を運ぶ必要性をなくし、ショッピングの利便性を提供します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]