複合飼料の市場規模、2027年に5739億3000万米ドル到達予測

複合飼料の市場規模は、2022年の4442億米ドルからCAGR5.6%で成長し、2023年に4689億米ドルとし、さらに、2027年には5739億3000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

複合飼料市場は、穀物、ふすま、プロテインミールおよびケーキ、チャンニー、農産副産物の販売で構成されています。複合飼料は、経口動物給餌および動物栄養学に使用され、2つ以上の飼料成分と飼料添加物からなる完全飼料または補完的飼料を指します。植物、動物、有機物、無機物、工業的加工に由来する、家畜に与える基本材料とサプリメントの混合物です。2022年の配合飼料市場では、アジア太平洋が最大地域となりました。南米は今後最も急速に成長する地域になることが予想されます。

複合飼料の主な構成要素は、穀物、ケーキ、食事、副産物、サプリメントです。穀類はデンプンを多く含むため、エネルギー源として動物に与えられます。複合飼料は、固形と液体の形態で提供されています。配合飼料の原料には、植物性のものと動物性のものがあります。動物の種類には、牛、豚、家禽、水産養殖、およびその他の動物が含まれます。

食肉および水産養殖製品の需要の増加は、今後の配合飼料市場の成長を促進すると予想されます。 肉製品は人間の消費用に設計されており、牛、水牛、山羊、羊、豚、家禽などの動物の肉が含まれています。 一方、水産養殖は、水生植物、動物、およびその他の種の商業的、レクリエーション的、および科学的な増殖と管理を指します。配合飼料には、養殖魚を健康に保つために必要なすべての栄養素が含まれているため、肉や水産養殖製品の需要が増加します。例えば、2021年7月、フランスを拠点とする統計のオンラインライブラリーであるOECD iLibraryが発表した報告書によると、世界の動物性タンパク質消費量は、2018-2020年と比較して2030年には14%増加すると予測されています。そのため、食肉や養殖製品の需要の増加が、配合飼料市場の成長を後押ししています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]