ハラルフードの市場規模、2027年に2兆5831億8000万米ドル到達予測

ハラルフードの市場規模は、2022年の1兆3007億5000万米ドルからCAGR15.4%で成長し、2023年に1兆5015億米ドルとし、さらに、2027年には2兆5831億8000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を与えています。

ハラルフード市場は、認証された肉や鶏肉、シーフード、ナッツ、卵、ピーナッツバターの販売で構成されています。ハラル食品とは、イスラム教の食品基準を満たした食品を指し、イスラム教徒が法律に従って食べることが制限されている食材や、イスラム法に従った清潔な容器で加工、製造、保管されていない食品は含まれていません。ハラル食品は、豚肉、アルコール・毒物、不衛生な内容物を含まないため、より安全に食べることができ、肉の汚染が少なく、代謝を向上させることができます。2022年のハラルフード市場は、アジア太平洋地域が最大となりました。

ハラルフードの主な種類は、肉、鶏肉、魚介類、果物・野菜、乳製品、穀物・穀類、油脂・ワックス、菓子類です。ハラル食品は、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、オンラインストア、専門店などのチャネルを使って流通しており、家庭、外食産業、食品産業で利用されています。

世界中でイスラム教徒の人口が増加していることが、ハラルフード市場の成長に大きく寄与しています。ムスリム人口とは、イスラム教を実践する人々の共同体のことです。イスラム教徒の間でハラル認証食品への需要が高まっているのは、食品の安全性と衛生が保証されているためです。米国の超党派シンクタンクであるピュー・リサーチ・センターによると、世界のムスリム人口は、2030年までに約21億9000万人増加すると予想されています。ムスリム人口の増加はハラルフード市場の成長を促進することが予想されます。

ハラル食品における技術の進歩は、ハラル市場で人気を博している主要なトレンドです。ハラル食品の需要の増加に伴い、ハラル研究所は食品の安全性、豚由来物質やアルコールの存在を検出するための品質基準維持のための食品の分析、ブロックチェーン、IoT(Internet of Things)などが市場を強化する技術的進歩として活発に行われています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]