政治団体の市場規模、2027年に46億6000万米ドル到達予測

政治団体の市場規模は、2022年の41億5000万米ドルからCAGR2.9%で成長し、2023年に42億7000万米ドルとし、さらに、2027年には46億6000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

政治団体市場は、国、州、または地域の政党や候補者の利益を促進することに従事する事業体が得る収入で構成されています。政治団体市場には、選挙運動団体、政治家、政治団体またはクラブ、政治活動委員会(PAC)、政党、政治運動団体などの事業所が含まれます。2022年の政治団体市場において、アジア太平洋地域が最大となり、北米は2番目に大きな市場となりました。

政治団体とは、国家、地域、地方レベルでの民主的な選挙を通じて政治権力を掌握するために、人々の集団によって結成された法的に登録された社会組織を指します。政治団体は、国、州、または地方の政党や候補者の利益を促進し、また政党や個々の候補者のために資金を調達することに従事しています。

政治団体組織は、種類別に、全国的なものと地域的なものがあります。寄付の形態別に、オンラインとオフラインがあり、組織の所在地別に、国内、海外で分かれ、範囲やサービス別には、選挙運動組織、選挙区民協会、地方政治組織、政治活動委員会(PACS)、政治運動組織、政治団体・クラブ、政党、乗馬協会などがあります。

政治団体が地域の企業からの支持を増やすために行っている取り組みが、市場の成長を牽引しています。例えば、インドのBhartiya Janata Party政権は、中小企業の事業拡大を支援することで経済を活性化させ改革を推進しました。また、経済活動を促進し雇用を創出するために、インド国内に企業を誘致する「Make in India」イニシアティブを開始しました。これらの取り組みにより、企業は収益源を拡大することができ、ひいては企業による政治団体への支援を促進することができます。

政治団体による、選挙活動へのソーシャルメディアのプラットフォームの利用が増えています。ソーシャルメディアの活用は、若い有権者へのアプローチに有効です。ライブ映像で国民と交流する、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを利用した、ソーシャルプラットフォームによる政治活動の最新情報の発信など、政党がソーシャルメディアキャンペーンを実施する方法はさまざまです。例えば、2020年のアメリカ大統領選挙キャンペーンでは、2人の候補者がFacebookやGoogleの広告に数百万米ドルを支払い、ユーザーの視点に立ち知名度を高めようとしました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]