太陽光発電の市場規模、2027年に2285億9000万米ドル到達予測

太陽光電気の市場規模は、2022年の870億7000万米ドルからCAGR22.5%で成長し、2023年に1066億2000万米ドルとし、さらに、2027年には2285億9000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済の回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

太陽光電気市場は、パッシブソーラーゲイン、太陽熱、集光型太陽光電気、太陽光電気の売上で構成されています。太陽光電気とは、太陽のエネルギーを熱エネルギーとして直接利用したり、ソーラーパネルや透明な太陽光発電ガラスに搭載された太陽電池を利用して発電したりすることで、太陽光から得られる再生可能エネルギーのことで、発電された電気は、発電設備から変電所まで大量の電力を送るための送電設備や、地域の顧客に電気を運ぶための近距離の配電設備に供給されます。2022年の太陽光電気市場において、アジア太平洋地域は最大となり、西ヨーロッパは2番目の市場となりました。

太陽光電気の主な技術の種類には、太陽光発電気システムと集光型太陽光発電システムがあります。太陽光発電(PV)システムは、1枚以上の太陽電池パネル、インバーター、その他の電気・機械部品で構成され、太陽の放射を利用して発電します。太陽電池には、単結晶、多結晶、テルル化カドミウム、アモルファスシリコンなどの種類があり、住宅、商業、工業などさまざまな分野で使用されます。

政府機関による投資の増加が、太陽光電気市場の成長に寄与しています。同市場は、先進的なソーラーパネルの研究開発に対する政府支出の増加の恩恵を受けています。例えば、世界経済フォーラム(WEF)2020によると、再生可能エネルギーに対する世界の投資額は昨年2822億米ドルに達しました。太陽エネルギーによる発電の研究開発に対する政府機関の投資が、同市場を牽引しています。

経済成長率の低下により、太陽光電気市場の成長が制限されることが予想されます。経済減速による投資の減少が、太陽光電気の設置台数の減少につながりました。これは、世界市場の成長に悪影響を及ぼしています。例えば、欧州の経済危機により、欧州政府の太陽光電気への補助金が減少しました。また、World Energy Investment 2021によると、地熱エネルギー、バイオエネルギー、太陽熱利用(地域、空間、水加熱用)からなる最終用途の再生可能エネルギーへの投資は、2019年から10%減少し2020年に230億米ドルとなりました。実用規模の太陽光発電設置コストは世界平均で10%減少しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]