IoTセキュリティの市場規模、2027年に200億4000万米ドル到達予測

IoT(モノのインターネット)セキュリティの市場規模は、2022年の50億9000万米ドルからCAGR31.3%で成長し、2023年に66億8000万米ドルとし、さらに、2027年には200億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

IoTセキュリティ市場には、接続されたネットワークインフラを保護するためのIoTセキュリティデバイス/ソフトウェアを提供する事業者が得る収益が含まれます。IoTセキュリティは、スマートデバイス、ネットワーク、その他の接続デバイス、集中型ユーザーハブを不要な操作から保護するためのソリューションを提供する専門分野です。この業界には、遠隔操作による車両の乗っ取り、プライバシーの漏洩、パスワードの総当たり攻撃など、IoTセキュリティの脅威に対抗するセキュリティソリューションを提供する事業所が含まれています。IoTセキュリティとは、ホームオートメーション、SCADAマシン、セキュリティカメラ、その他クラウドに直接接続する技術など、クラウドに接続された機器に提供される安全策や保護策を指します。2022年のIoTセキュリティ市場は、アジア太平洋地域が最大となり、今後最も急速に成長する見込みです。

IoTセキュリティの主な種類は、ネットワークセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、アプリケーションセキュリティ、クラウドセキュリティ、その他です。ネットワークセキュリティは、ソフトウェアとハードウェアの両方の技術を使用して、コンピュータネットワークとデータの整合性、機密性、アクセス性を保護するために設計された一連のルールと設定です。IoTセキュリティのコンポーネントは、ソリューションとサービスで、IoTセキュリティの多様なアプリケーションは、ヘルスケアとライフサイエンス、インフラと都市、産業システムとセンサー、スマートホームと消費者、輸送と都市モビリティなどです。

人口が増加するにつれて、持続可能な開発の必要性がより重要視されるようになりました。スマートシティは、交通量や人口をコントロールし、人々の安全性を向上させるための設備が整っています。このようなタスクを実行するには、スマートシティにIoTデバイスを設置する必要があります。そのためには、デバイスを互いに接続し、安全な方法でデータを交換し、パターンを形成して、最終的なソリューションを提供する必要があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]