サイバーセキュリティの市場規模、2027年に3388億4000万米ドル到達予測

サイバーセキュリティの市場規模は、2022年の2013億3000万米ドルからCAGR11.1%で成長し、2023年に2237億米ドルとし、さらに、2027年には3388億4000万米ドルに達すると予測されています。

ロシア・ウクライナ戦争は、COVID-19パンデミックからの世界経済回復の可能性を混乱させました。この2国間の戦争は、複数の国に対する、経済制裁、商品価格の高騰、サプライチェーンの混乱につながり、商品やサービス全体にインフレを引き起こし、世界中の多くの市場に影響を及ぼしています。

サイバーセキュリティ市場には、ネットワーク、コンピュータ、モバイル機器、ハードウェア、電子システム、データをデジタル攻撃や悪意ある攻撃から保護するためのソフトウェアを提供する事業者が得る収益が含まれ、電子情報セキュリティや情報技術セキュリティと呼ばれています。サイバーセキュリティとは、インターネットに接続されたシステムを、ハードウェア、ソフトウェア、データなどのサイバー脅威から保護することです。2022年のサイバーセキュリティ市場は、アジア太平洋地域が最大となり、北米は、2番目に大きな市場となりました。

サイバーセキュリティの主なソリューションは、ネットワークセキュリティ、クラウドアプリケーションセキュリティ、エンドポイントセキュリティ、セキュアWebゲートウェイ、インターネットセキュリティ、その他です。ネットワークセキュリティは、潜在的な脅威がネットワーク内に侵入したり拡散したりするのを幅広く防ぐことで、企業のインフラの使いやすさと完全性を保護する技術の集合体です。このソフトウェアは、中小企業や大企業によってクラウドやオンプレミスモードで展開され、BFSI、IT・通信、小売、医療、政府、製造、旅行・運輸、エネルギー・公益事業など、さまざまな企業がエンドユーザーに含まれます。

サイバー脅威の増大は、サイバーセキュリティソリューションへの高い需要を生み出しています。個人、企業、政府組織に対するサイバー攻撃は増加し、莫大な金銭的損失をもたらしています。例えば、情報セキュリティコミュニティを提供するカナダのオンラインマガジンであるInfosecurity Magazineによると、2022年第3四半期に1億890万人のインターネットユーザーアカウントが侵害され、前四半期に比べて70%増加しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]